カタール北東部アルホールの農場にブルガリアから到着した乳牛(2017年7月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】サウジアラビアなどアラブ4か国の断交宣言から5週間が経過し、経済封鎖で乳製品の品不足に直面していたカタールに11日、ハンガリーのブダペスト(Budapest)から乳牛165頭が空輸された。

 報道陣や関係者が見守る中、首都ドーハ(Doha)の北方約80キロにある農場に到着した乳牛は、断交と経済封鎖に対するカタールの強い抵抗を示すものとみられている。8月までに4000頭を輸入する予定で、今回はその第一弾だ。

 輸入元の地元企業バラドナ畜産(Baladna Livestock Production)のジョン・ドア(John Dore)氏によると、乳牛165頭のうち35頭はすぐにも搾乳が可能で、残る130頭も2〜3週間で出産し乳を搾れるようになるという。

 サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、エジプトの4か国は先月5日、カタールが過激主義を支援していると主張して断交に踏み切り、国境を封鎖するとともにカタールとの貿易を全面停止した。

 人口270万人のカタールは、食料の多くを湾岸諸国からの輸入に頼っており、全輸入品のおよそ半分を食品が占める。特に牛乳を中心とする乳製品はサウジアラビアに依存していた。断交に伴い、カタールはトルコやイラン、モロッコなどから食品を輸入して危機に対応している。
【翻訳編集】AFPBB News