2017年7月4日に、押切もえ初の児童読み物書籍『わたしから わらうよ 』が刊行された。

 押切もえ初の児童読み物は、少女のさわやかな成長物語。鳥取の豊かな自然と人々との交流のなかで、少女は自分自身と向き合っていく。押切もえ自ら表紙絵・挿絵も手がけた意欲作となっている。


 鳥取県で始まった障がい者支援活動「あいサポート」の活動を通じて、鳥取の美しい自然、それまで知らなかった障がい者の方々、活動支援者たちと交流することにより、押切は強い感銘を受け、鳥取県との交流や「あいサポート」活動の一環として、本書執筆のきっかけとなっている。

 本書には、押切自身の「自分にできることは何か」という自問から得られた「小さなことでもいい。できることから始めてみて」という思い、読者へのメッセージが込められている。

※あいサポート運動:鳥取県知事の平井伸治氏の発案により平成21年11月より始まった運動。「障がいを知り、共に生きる」をテーマに、障がいのある方が暮らしやすい社会を一緒につくっていくことを目的としている。その活動は高く評価され、現在、島根県、広島県、長野県、奈良県など多くの地域に広がりをみせている。



【あらすじ】

素直に気持ちを伝えられない小学校3年生の桜。友だちにも家族にも気を使ってばかり。そのうえ、自分に自信がもてません。そんな桜にとって、今年の夏は一大事!鳥取のおばあちゃんの家に、一人で行くことになったのです。不安と戸惑いではじまった夏休み。でもそれは、桜を大きく変えてくれる冒険の旅でした。


児童読み物書籍『わたしから わらうよ』

著者: 押切もえ
定価: 本体1400 円+税
判型:四六変並製 180 ページ
刊行日: 2017 年7 月4 日 ※地域により差が生じます