注目の若手女優・上白石萌音(19)が12日、自身のブログを更新。同日発売開始となった自身初となるオリジナルアルバム『and...』への思いを「ご縁が詰まった、幸せすぎる、贅沢すぎる、宝物のような一枚」と綴った。

上白石萌音公式ブログより

 今作には、秦基博が楽曲提供とプロデュースを務めた「告白」やandropの内澤崇仁が提供楽曲「ストーリーボード」、プライベートでも親交のある藤原さくらが初の楽曲提供を果たした「きみに」など、豪華アーティストによる楽曲を収録。

  「7月12日」 と題して更新されたブログでは、「『and...』本日リリースとなりました!」と改めて報告し、「ご縁が詰まった、幸せすぎる、贅沢すぎる、宝物のような一枚です。スタッフさんやアーティストさんの名前が並んでいるページを見るだけで胸が熱くなります。」と、アルバムへの思いを明かした。

 続いて、「10年先も20年先も歌が歌える限りずっと、大切に歌っていきます。そんな曲ばかり。感謝の気持ちでいっぱいです。」と感謝の気持ちも綴り、即決で決まったというアルバムのタイトルについては「これしかない!と。わたし一人のアルバムではなくて、そこには沢山の方々の想いが詰まっている だから、『上白石萌音 and...』」と説明。

 ブログの最後には、「みなさんに、届きますように そして是非 カラフルなこのアルバムの中からお気に入りを見つけてくださいね」とメッセージを送っている。