7月12日に放送されたAbema TV(アベマTV/毎週水曜日21:00〜22:00放送)の『日村がゆく』では、前回に引き続き、「オネエ」タレントの“金の卵”を探す企画を実施。最新ハッテン場事情などを教えるニューハーフらが登場した。

 まずは、ニューハーフの加々美ちはるさんとゲイの夢美寿祇子(ゆめみすぎこ)さんが登場し、“話しても大丈夫な範囲”でハッテン場事情を紹介。夢美さんは、「ゲイは、ネットなどがなかった時代は廃れた映画館などで出会っていた」と話し、加々美さんは「ニューハーフや女装家は、個室ビデオBOXのような外観の場所で出会う。パッと見では分からない、知っている人しか知らないそういう店がある。そのなかのラウンジで、1杯どうですか?って声をかけます」と話した。

 バナナマン日村勇紀が「芸能界の情報も入ってくる?」と質問すると、「情報どころじゃないわよ。普段、目の前にいるんだもの」と加々美さん。夢美さんは「本当にいえない人がいる。この番組ごとつぶされるわよ」と警告した。

 また、ゲイに好まれるタイプについても解説。「例えばデブ専とひと言でいっても、文化系・プロレスラー体型・ラグビー体型が好き……など千差万別。意外とジャニーズ系はモテないわね。キレイだから男を感じない」と夢美さん。「菅田将暉よりも日村勇紀」といい切った。

(c)AbemaTV