シャイア・ラブーフ、酔っ払って逮捕されたことを受けて謝罪

写真拡大

映画『トランスフォーマー』シリーズの俳優シャイア・ラブーフが、現地時間12日に公共の場で酔っ払い、秩序を乱す行為をしたとして逮捕されたことを受けて謝罪した。

シャイアは現地時間8日にジョージア州サバンナでタバコをもらうために居合わせた人や警察官に近づくが、タバコをもらうことができずに激怒。シャイアはその場を離れることを拒み、警察官に向かって攻撃的になったという。警察官が捕まえようとしたところ、シャイアは近くのホテルに逃げ、その後ホテルのロビーで逮捕された。シャイアは7000ドル(約80万円)を支払い、釈放されている。その後シャイアが警察官に「俺が人種差別主義者ならなんでタバコをお願いするんだよ? バカなビッ●」などと暴言を吐く動画が公開されていた。

そして、シャイアは現地時間12日にツイッターに謝罪文を投稿。シャイアは「僕の振る舞いを深く恥じていて、言い訳はありません」「私の行動で逮捕してくださった警察官に誠実に謝罪するのは当然です。そして、拘束してくださったことに感謝します」などと深く謝罪し、積極的にアルコールを自制していくと明かした。最後に「僕の失敗が許されることを願っています」と綴っている。