MMD研究所とスマートアンサーで「2017年フリマアプリに関する利用実態調査」を実施

写真拡大 (全9枚)

MMDLaboは、同社が運営するMMD研究所とコロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第15弾として「2017年フリマアプリに関する利用実態調査」を実施した。

■フリマアプリ利用経験は46.6%、昨年より10.9ポイント増
スマートフォンを所有する10〜60代の男女23,107人に事前調査としてフリマアプリの利用経験について聞いたところ、「現在利用している」と回答した人は31.4%、「過去に利用したことがある」が15.2%と合わせて46.6%が利用したことがあることがわかった。

2016年に行った同様の調査と比較すると10.9ポイント利用経験が増えていることがわかった。

事前調査においてフリマアプリの利用経験があると回答した人を対象に、フリマアプリの利用について13歳〜39歳の男女1,837人を抽出し、利用状況を聞いたところ、「出品・購入したことがある」が60.2%と最も多く、「出品のみしたことがある」が9.0%、「購入のみしたことがある」が30.8%となった。


■フリマアプリでの購入商品のトップは、男性10代・20代・30代が「エンタメ・ホビー」、女性10代が「エンタメ・ホビー」、女性20代・30代が「洋服」
フリマアプリ利用経験者(n=1,837)からフリマアプリで購入経験があると回答した人(n=1,672)を対象に、購入したことがある商品(複数回答可)を聞いたところ、10代、20代の男性では「エンタメ・ホビー、ゲーム、本・コミック・マンガ」、30代の男性では「エンタメ・ホビー、洋服、本・コミック・マンガ」の順となった。続いて女性の10代で多かったのは「エンタメ・ホビー、洋服、本・コミック・マンガ」、20代の女性では「洋服、エンタメ・ホビー、アクセサリー」、30代では「洋服、アクセサリー、エンタメ・ホビー」の順となり男女ともに若い年代ほど「エンタメ・ホビー」の購入が高い傾向にあり、年齢があがるに連れ「洋服」関連の購入傾向が高いことがわかった。



■フリマアプリでの出品商品のトップは、男性10代が「エンタメ・ホビー」、男性20代が「ゲーム」、男性30代が「洋服」、女性10代が「エンタメ・ホビー」、女性20代・30代が「洋服」
フリマアプリ利用経験者(n=1,837)からフリマアプリで出品経験があると回答した人(n=1,271)を対象に、出品したことがある商品(複数回答可)を聞いたところ、10代の男性では「エンタメ・ホビー、ゲーム、本・コミック・マンガ」、20代の男性では「ゲーム、エンタメ・ホビー本・コミック・マンガ」、30代の男性では「洋服、ゲーム、本・コミック・マンガ」の順となった。
続いて女性の10代で多かったのは「エンタメ・ホビー、洋服、本・コミック・マンガ」、20代の女性では「洋服、エンタメ・ホビー、本・コミック・マンガ」、30代では「洋服、バッグ、靴」の順となり年代で出品している商品が異なる傾向にあることがわかった。



■フリマアプリを利用する理由の上位は「安く買える、不要なものが売れる、簡単に利用できる」
フリマアプリ利用経験者(n=1,837)を対象に、フリマアプリを利用した理由(複数回答可)を聞いたところ、「安く買えるから」が50.5%と最も多く、次いで「不要なものが売れるから」が37.9%、「簡単に利用できるから」が36.7%となった。



■利用しているフリマアプリの上位は「メルカリ、ラクマ、Fril」
フリマアプリ利用経験者(n=1,837)を対象に、知っているフリマアプリ(複数回答可)を聞いたところ「メルカリ」が90.9%と最も多く、次いで「ラクマ」が56.2%、「Fril」が38.4%となった。続いて現在フリマアプリを利用している人(n=1,633)を対象に利用しているフリマアプリ(複数回答可)を聞いたところ、「メルカリ」が74.1%と最も多く、次いで「ラクマ」が18.3%、「Fril」が12.9%となった。




■調査結果

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
・大阪市営地下鉄におけるWiMAX 2+エリア整備が完了
・ソフトバンク、今年も富士山頂および山小屋での高速データ通信サービスを提供
・ロジクール、新型iPad対応の2つ折り保護カバー&スタンド付キーボードを発売
・「LINE LIVE」、配信者が獲得できるLINEポイントを通常の3倍以上に
・コンパクトでも妥協ゼロ!ユーザーの声に応えた上質スマホ「Galaxy Feel」発売