画像提供:マイナビニュース

写真拡大

モデルで女優のトリンドル玲奈が13日、都内で行われた渡辺直美主演のTBS系火曜ドラマ『カンナさーん!』(7月18日スタート、毎週火曜22:00〜)の舞台挨拶に出席した。

深谷かほるの同名コミックを原作とするこのドラマは、自由奔放なダメ夫と姑、理不尽な会社の上司などに振り回されながらも、どんな困難も愛と勇気で乗り越えるポジティブでファッショナブルなスーパー主婦・カンナの物語。GP(ゴールデン・プライム)帯連続ドラマ初主演となる渡辺が、主人公・鈴木カンナを演じる。

舞台挨拶では、ファッションショー風に出演者たちがランウェイを歩いて登場し、カンナの職場の後輩で妹的な存在・境川翔子を演じるトリンドルは、ミニスカートからスラリとした美脚を披露。「緊張しました。こんなに見ている方々が近いことは普段あんまりないので、あと…そんなに高すぎないランウェイと言いますか…」といつもとは違ったランウェイに緊張したようで、渡辺が「低すぎるランウェイ」と言い換え、笑いが起こった。

翔子は天然キャラのユルフワ女子だが、自身との共通点を聞かれたトリンドルは「共通点、なんですかね? うーん、なんですかね?」とおっとりとした口調で考えた後、「ファッションが好きとかですかね」と返答。ここでも渡辺から「出てるけどね、その感じ」とツッコミが入った。

そしてトリンドルは、劇中の衣装について「けっこうかわいいのを着ています」と話し、渡辺も「カンナは派手すぎるんですけど、翔子は本当に毎回おしゃれ。古着っぽいのを着たりとか」と説明。「そこは注目ポイントかなと思います」とアピールした。

舞台挨拶にはそのほか、要潤、工藤阿須加、川原瑛都、斉藤由貴も出席した。