相撲好きな「スー女」はどれくらい? 観戦にはスー女以外も興味あり

写真拡大 (全5枚)

稀勢の里関という久々の日本出身横綱が誕生したり、高安関の大関昇進によって新たなスターが登場するなど、盛り上がりを見せている相撲。2017年7月9日には名古屋で大相撲の7月場所が始まりました。

そこで今回、at home VOXでは相撲に注目。日本の国技とも呼ばれるほど親しまれている相撲ですが、その人気は実際のところいかほどなのでしょうか?

写真や表がより大きく表示された記事をご覧いただけます

Q.相撲は好きですか?

■男性の年代別回答結果

■女性の年代別回答結果

性別で見ると男性のほうが高く、30代の31.3%を筆頭に、すべての世代で3割前後の男性が相撲好きいうことがわかりました! 一方、女性はグッと下がり、20代で「はい」と答えた人はわずか4.6%でした。

最近では、相撲が好きな女性を表す「スー女」という言葉もありますが、男性に比べると相撲好きな女性はまだまだ少ないようです。それでも50代女性は20.3%と男性に次ぐ数値なので、年齢を重ねることで相撲の魅力に気づかされる女性も多いのかもしれませんね。

そんな相撲好きが少数派の女性ですが、相撲観戦というイベントにはどれくらいの人が興味を抱いているのでしょうか?

Q.相撲観戦をしたいと思いますか?

■男性の年代別回答結果

■女性の年代別回答結果

女性は「相撲は好きですか?」で「はい」と答えた人の割合よりも、相撲観戦をしてみたい人の割合の方が高いという結果が出ました。つまり、相撲が好きというわけではないけれど、取組を生で観ることには興味がある女性が多い、ということですね。特に若い世代はイベント事が好きなのかもしれません。

大入り(たくさんお客が入ること)が連日続く相撲は、チケットの入手はひと苦労ですが、一度観たらハマっちゃうかも? 今熱い相撲を、ぜひチェックしてみてください。

イラスト:タテノカズヒロ

<アンケート調査概要>
対象/全国20〜59歳の男女516名
調査方法/インターネットリサーチ
調査時期/2017年4月
※アンケート内容の転載にあたりましては、「at home VOX 調べ」もしくは「アットホームボックス調べ」という表記をお使いください。