氷上を海賊姿で華麗に舞う本田真凜

写真拡大

フィギュアスケーターの本田真凜が、7月1日に公開され大ヒット中のシリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』とタッグを組み、同作のテーマ曲「水平線のはるか彼方へ」にあわせ、海賊姿で華麗に氷上を舞うエキシビション映像が解禁となった。

[動画]本田真凜が海賊姿で氷上を華麗に舞う夏限定のエキシビション映像

この「水平線のはるか彼方へ」は、聴くもの全てを前向きな気持ちにさせ、力強さと勇気を与えてくれる楽曲。そんな”一歩前に踏み出す“きっかけとなる曲を日本全国へ拡散させるため、今もっとも輝いているフィギュアスケーターの本田へオファーし、実現したのがこのプロジェクトだ。

今季から戦いの場を「ジュニア」から「シニア」に移し、2018年の平昌冬季五輪出場を目指す本田。彼女が以前から演技で使用したいと憧れていたのが、同じくスケーターである兄が過去に選曲していた『パイレーツ・オブ・カリビアン』の楽曲だ。

今回本田は、念願である本作のテーマ曲に合わせ、特別にスケーティングを披露。海賊風の衣装を身に纏い、今までに見たことがない“大人の演技”で魅せる特別映像が完成した。公式戦でも、これまでのエキシビションでも見たことがない彼女の姿が、この夏限定で見ることができる。

今回の企画を聞いた本田は「スケートの試合に行くとき、飛行機の中で『パイレーツ・オブ・カリビアン』を見たのですが、すごく迫力のある映画で、素敵な映画だなと思いました。滑らせていただいて幸せです」とコメント。

楽曲については「あまりこういった曲調のプログラムで滑ったことがないので、新しい違う表現を増やせた感じがします。次に繋がった感じがします。以前、兄がスケートのプログラムで、『パイレーツ』のテーマ曲を使っていたので、曲を聴けば踊れるくらいとても好きなプログラムでもあります。まさか自分がこの曲で滑れるとは思ってもいなかったので、すごく幸せな気持ちです」と話し、ジャク・スパロウを演じたことについては「強いだけじゃなく、カッコよく、優しく、そしてユニークな表現を40秒の中で表現するというのは、ちょっと難しい部分もありました。ただ、とてもいい感じに滑れたなと感じていて、手応えもすごくあります。ぜひ注目してもらえればと思います」と答えている。