シンガポールの自動運転企業nuTonomyが語る「ローカライズ」という課題

写真拡大

自動運転テクノロジーの分野ではグーグル傘下のWaymoやウーバーらが激戦を開始している。しかし、この2社が米国市場で覇権争いを行っている最中に、シンガポールで急浮上したのがnuTonomyという企業だ。

nuTonomyは米国のボストンでウーバーの競合のLyftやフランスのプジョーと、テストプログラムを行った後、昨年からシンガポールで自動運転タクシーの公開テストを開始した。同社のこれまでの資金調達額はわずか2000万ドル(約23億円)だが、nuTonomyの共同創業者でCEOを務めるKarl Iagnemmaは「現時点で重要なのはカネではなく、技術的ノウハウや正しい戦略的パートナーシップを結んでいくことだ」と述べている。

フォーブスはnuTonomyが実現したテクノロジーと今後の課題についてIagnemmaに尋ねた。

──自動運転分野では過去2年で大幅な進歩がありました。現在の状況をどのように捉えていますか?

初期の自動運転は単純に「ドライバー無しで移動できる車の開発」だった。我々が目指すのはその次のステージの「ソフトウェアの力で快適な移動が可能になる社会」の実現だ。さらに、その技術を一つの都市だけでなく、世界の各都市に適用可能にしていくことが重要だ。

特定の都市だけで運用可能な技術を開発しても、さほど魅力的なものとは言えない。スケーラビリティのあるテクノロジーを生むことにこそ、チャレンジする意味がある。車の運転は都市ごとに非常に異なった環境に直面する。標識も違うし、適用されるルールも異なる。グローバルに広げていくためには課題は多い。各都市の特性に合わせた進化を果たす必要があると考えている。交通に関する規制だけでなく文化的要因も重要だ。

──世界の自動運転テクノロジー分野の覇権は誰が握ると見ていますか?

一つの企業がこの分野のリーダーになるとは思えない。自動運転分野は非常に巨大なマーケットであり、グローバルなものだ。地域ごとに異なった特徴があり、市場の特性に応じ様々な企業が台頭してくると予測する。

最初に注目を浴びるのは北米市場を制圧したグループになるだろう。しかし、北米市場を握ったとしてもそのテクノロジーがアジアで覇権を握れるかどうかは怪しい。アジア地域では、アジアの事情に通じたグループが業界を主導するポジションに就く。

──ディープラーニング技術の向上が世界の市場を抑える手段だとは思いませんか?

実情はその正反対だと考えている。ディープラーニングが適用可能なのは、ドライバーのマナーが一定レベルに達している環境のみだ。米国の優良ドライバーを前提としたテクノロジーは、シンガポールでは受け入れられない。

ディープラーニング技術を異なった環境に適用するにおいての課題は、関係者が予測するよりもはるかに大きいと見ている。プログラム開発を一からやり直さねばならないほどの困難が待ち構えている。スケーラビリティの観点から見て、ディープラーニングは最良の手段とは言えない。

──中国のバイドゥは「オープンソース化」というアプローチをとろうとしています。これについての考えは?

企業が連合したからといって大きな成果を産めるとは限らない。また、オープンソース化で様々な企業が参入しても、それぞれの市場に合致した信頼性を担保することにはならないと見ている。

──自動運転分野ではセンサー技術等で様々なテクノロジー企業が浮上しています。現状をどのように捉えていますか?

当社はまずシンガポール市場で、この国の環境にマッチした技術を様々な企業との提携で実現していく。しかし、本格運用の開始までには乗り越えなければならない課題も多い。