山本美月/「CanCam」9月号(7月22日発売)より/画像提供:小学館

写真拡大

【山本美月/モデルプレス=7月13日】モデルの山本美月が、22日発売の「CanCam」9月号をもって、同誌専属モデルを卒業する。

【さらに写真を見る】山本美月、CanCam専属モデル卒業号で美肌チラ見せ

◆山本美月の8年間


2009年、福岡に住んでいた高校3年生の時「東京スーパーモデルコンテスト」においてグランプリを受賞。即同誌専属モデルとしてデビュー(2009年11月号)し、モデルとしてのキャリアをスタートさせた。

そして、翌12月号(2009年10月23日発売)で表紙デビュー(徳澤直子・西山茉希・安座間美優・舞川あいくとの合同)。初の単独表紙は2012年2月号(2011年12月23日発売)で、8年間で37回表紙を飾るなど、同誌をリードし続けてきた。

卒業を迎え、山本は「モデルとしての基礎をイチから教えてくれたCanCamをひと言でいうなら“社会人になるための学校”だったかな」と8年間の活動を回顧。「CanCamモデルとしては全部出しきったと思います」と悔いはないようで、「うんと育ててもらったので、ここから社会に飛び出します!」と新たな道への意気込みを語った。

◆山本美月卒業号の内容は?


卒業号となる9月号では、16ページにおよぶ山本美月スペシャル特集を掲載。サイパンでの撮り下ろし、卒業についての本音を語った独占インタビュー、大好きなアニメ「少女革命ウテナ」のコスプレシューティング、さらには「山本美月ほぼ等身大新聞」も封入された渾身の内容となる。(modelpress編集部)

■山本美月コメント


最初は私にできるかな?って、正直不安だったけど、「CanCamは日本でいちばん有名な雑誌!」と思っていたから、専属モデルになれたことは、とってもうれしかったです。

右も左もわからなくて、ポージングなんて、全然わからなかったし、カメラマンさんに“とりあえず動かないで”って言われたぐらいでした(笑)。現場に少しずつ慣れてくると、今度は自分のできなさに落ち込む日々。CanCamに向いてないかも…って悩んだ時期も。当時の編集長に「美月は美月だから、美月の何かをつくってほしい」という言葉が自分の存在を認めてもらえた気がして、うれしくて…それで吹っ切れました。

「単独で表紙を飾りたい!」「自分の名前がついた企画がやりたい!」そして「CanCamをもっともっと盛り上げたい!」…欲がどんどん出てきて、常に上を見て走り続けてきた感じでした。さらに女優のお仕事を通して、いろんな出会いや経験があって自分の世界がぐんと広がりました!

モデルとしての基礎をイチから教えてくれたCanCamをひと言でいうなら“社会人になるための学校”だったかな。この中で、本当に色々経験をさせてもらって、すごく感謝してますし、CanCamモデルとしては全部出しきったと思います!CanCamにはうんと育ててもらったので、ここから社会に飛び出します!

【Not Sponsored 記事】