漫画家の鈴木詩子が芸能ニュースを考&察!(妄&想)

漫画家の鈴木詩子氏に気になる芸能ニュースを考察(妄想)してもらう同コラム。今回は、連日のように報道される女優の松居一代のニュースについて綴っていただきました。彼女がブログやYouTubeで主張を続ける理由って……?

松居一代のブログやYouTubeが話題

いや〜最近の松居一代さんの荒ぶりっぷり、すごいですね! YouTubeに新しい動画がアップされるのを楽しみにしている方も少なくないのではないでしょうか?

(画:鈴木詩子)

<耳マンのそのほかの記事>

初めて松居さんのブログを読んだ時は、あの一方的な内容(悪いのは全部相手で……最初は “敵様”とか書いてましたが、その後、船越栄一郎、浮気相手(元親友)、週刊文春とターゲットが変化しつつ、自分は一切悪くないというスタンスを貫いている)と、あの文字の大きさや色を変えたり、いかにターゲットを悪く伝えられるかに必死になっている感じが、私は怖くてたまらなかったんですね。

ですが、YouTubeに投稿された動画を観て、まずあの演技力というか熱量に惹きつけられてしまったんです。そして、いつの間にか夢中になって観ている自分にハッとしてしまいました。

松居さんの動画を観て「やっぱり女優さんはすごいな」と感心しましたし、彼女が動画を投稿するたびに生き生きしているように思えました。“ひょっとして松居さんは孤独で寂しい思いをしてきたのではないだろうか?”“ブログのアクセス数やコメント、YouTubeの再生数がブチ上がるのを見てとても承認欲求が満たされ気持ちよかったんじゃないかな?”と思ったんです。最近はブログやYouTubeのみならずTwitterもスタートさせ、さらに公式LINEまで始めたみたいですね。現代の世の中には孤独をSNSで埋めることで助かっている中年女性は結構な数いると思うので……その極端な例が松居一代さんなのかな、という感じがしました。

しかし、所詮そんなもので完全に心が満たされるわけもなく「バイアグラ男!」と船越さんを罵る松居さん。でも、もし船越さんが松居さんに「バイアグラを使ってでも、どうしても君とセックスがしたいんだ」と言っていたら、彼女も決して悪い気はしなかったと思うんですよね。

松居さんは、船越さんが“ほかの女性と心を通わせている”と認めるのが辛いから、“バイアグラを使ってセックスに溺れて”といった感じにエピソードを捻じ曲げて自分を騙しているように感じてしまいました。特に「糖尿病」「バイアグラ」「セックス」と連呼する松居さんを見ていると、「自分から気持ちが離れてしまったからセックスレスになったと思いたくないんだろうな……」と妄想してしまいます。

まぁ、そもそも船越さんが本当に浮気しているかどうかもわからないんですけどね(笑)。
今後もそんな妄想をしつつ、このニュースのゆくえを見守っていきたいです!

[鈴木詩子]