ヴェイパーマックスの新カラーバリエーション

写真拡大

 「ナイキ(NIKE)」のヴェイパーマックスに新しいカラーバリエーションが登場した。価格は税込各2万1,600円で、公式オンラインサイトおよび一部の店舗で販売を予定している。
 ヴァイパーマックスは「エア マックス 1」の生誕30周年となる今年3月に発売された新モデルで、ミッドソールを取り除き、エア ユニットそのものがアウトソールとしても機能することで、高い屈曲性や弾性が特徴のシューズ。甲、つま先、ソール周辺の3つのゾーンに区切ってカラーリングが施されており、ニットのアッパーと透明なヴェイパーマックスのエアとの接点になるつま先にカラーが混ざったフライニットを用いて、色合いがグラデーションのように徐々に変化するデザインを多く採用している。 2017年フォールシーズンでは「スーパーヒーロー」や「宇宙探索」といったキーワードからインスピレーションを受けた新しいカラーバリエーションを展開。8月3日発売のエクスプローラーコレクションのブロンズカラーのスウッシュマークは、水中探索で深海を潜る際のヘルメットに例えたもので、エクスプローラーライトのカラーリングに用いた白と青は「宇宙服」、エクスプローラー ダークは「宇宙の彼方の星のザラザラした地表」の様子をそれぞれ表現している。
 そのほか、クロムブラッシュ(ウィメンズのみ)、ディープルビー(メンズのみ)、ブラック/アンスラサイト(ウィメンズのみ)、ピュア プラチナム(ウィメンズのみ)のカラーバリエーションは7月22日から展開する。