「シビル・ウォー」の一場面 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 一連のマーベル作品でアイアンマンことトニー・スターク役を演じているロバート・ダウニー・Jr.が、同キャラクターからの引退を検討していることを明らかにした。

 ダウニー・Jr.は、「アイアンマン」(2008)以降、続編2作をはじめ、「アベンジャーズ」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」などで、マーベル・シネマティック・ユニバースの中心人物として活躍を続けてきた。このほど豪news.com.auの取材に対し、「みんなはこれ以上の適役はないと言ってくれるんだが、実は毎回ゼロから(トニー・スターク役を)作り上げているんだ」と告白。「もちろん、それなりの基礎はできている。でも、しぶとく残ってみっともない真似をする前に、衣装を脱ぎたいと思ってるんだ」と語った。

 現在撮影中のシリーズ第3弾の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(原題)」以降の去就は明らかになっていないが、「周期的にそう考えるんだ。最初の『アベンジャーズ』が公開されたときに、これ以上のものは絶対つくれないからもうやめようと言うことだってできた。だけど、敬愛するルッソ兄弟と働けたように、自分にとっては誰と一緒に映画をつくれるかが重要なんだ」と継続の可能性も残した。

 また、ソニー・ピクチャーズの新作「スパイダーマン ホームカミング」(8月11日公開)への出演も、メガホンをとるジョン・ワッツ監督の前作「COP CAR コップ・カー」を気に入ったことに加え、作品のストーリーづくりに参加できたからだという。今後も魅力的なクリエイターとの仕事と、企画開発への参加の機会があれば、スターク役を演じ続けるかもしれない。