ユベントスに所属するレオナルド・ボヌッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 積極的な補強を続けるミランが、今度はセリエA王者のユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを獲得するかもしれない。12日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、ボヌッチは新しいチャレンジを求めており、同選手の代理人も「移籍先を探している」と明かしたとのこと。マンチェスター・シティやチェルシーが興味を示しているが、家族の希望もあり同選手はイタリア国内でプレーすることを望んでいるという。そこで、代理人がミランに獲得を打診しているようだ。

 ボヌッチは2010年からユベントスに在籍しており、セリエA6連覇やコッパ・イタリア3連覇など様々なタイトル獲得に貢献している。ユベントスにとって欠かせない選手の一人ではあるが、他クラブに売却する可能性はあるのだろうか。

text by 編集部