【詳細】他の写真はこちら

ハードな外回りをする営業マンにもぜひ。

屋外でノートPCを使う時、いつも気になるのがバッテリーの残量。一部のモバイルバッテリーとノートPCの組み合わせには外出先でも充電できるものがありますが、そういう製品ほどサイズが大きくなりがち。カバンの中で大きくかさばったりといまいちスマートではありません。そんな中クラウドファンディングサイトのIndigogoに登場した『LAER』は、内部にモバイルバッテリーを搭載しノートPCや各種モバイルガジェットの充電ができる便利なノートPC用スリーブなんですって。肩掛け紐を装着すればPCバッグとしての持ち運びも可能です。

手持ちのガジェットをまとめて充電





『LAER』ではバッグ内部に搭載されたUSB Type-CやDC、一部アップル製品用のMagSafeといった各種出力によって、MacBookシリーズを含むノートPCでも充電することが可能。



同プロジェクトがYouTubeで公開している動画を見る限りだと、どうやらバッテリーそのものがあらゆる端子を備えているわけではなく、それぞれの規格に合わせたケーブルを差し替えながら使う方式のようですね。

さらに「USB Quick Charge」に対応したモバイル機器ならば高速充電できるうえ、10ドルのオプションパーツを購入すればバッグ本体上部でワイヤレス充電規格「Qi」対応機器の無線充電までできるという至れり尽くせりの仕様です。

バッテリー容量も選択可能



搭載されるモバイルバッテリーの容量はモデルによって異なりますが、上位モデルとなり標準で肩掛け紐が付属する『LAER TRAVELER』の場合は5000mAhと20000mAhのモバイルバッテリーを同梱。5000mAhのモバイルバッテリーではノートPCを25%、あるいはスマホを2回充電可能。20000mAhのバッテリーを用いればノートPCを100%充電できるとされていますし、標準的なスマホならおよそ8回も充電できます。一日中屋外でノートPCを使うようなシーンでは20000mAhのモバイルバッテリーを、あくまで緊急用の電源として使うなら5000mAhの方だけを持ち運ぶ、なんて使い分けもできそうです。

どんな国でも使える最強モバイルバッグへ





製品には世界中のコンセントに接続して内部のモバイルバッテリーを充電できる「トラベルアダプタ」を同梱。このバッグがあれば、海外出張の際にも手荷物を増やさずにすみます。

『LAER』のプロジェクトはすでに目標金額を達成していおり、現時点では160ドル(約1万8000円)の出資でノートPCを入れるスリーブ、5000mAhと20000mAhのモバイルバッテリー、スリーブをスリングバックとして使えるようにする肩掛け紐、そしてトラベルアダプタを同梱した『LAER TRAVELER』一式を入手できます。製品の配送時期は2018年3月を予定しており、世界中への配送にも対応しています。



文/塚本直樹

関連サイト



『LAER』プロジェクトページ(英語)