世界中で話題になったフェリシモ(兵庫県神戸市)の『500色の色えんぴつ』が、今年芯もボディーも日本で作ることにこだわり抜いた500色の色えんぴつ TOKYO SEEDSとして、新しく生まれ変わった。より美しい発色、繊細な色差、滑らかな描き味を実現。蛍光色やメタリックカラーも加わっている。

 

■世界最大500色の色えんぴつ全面リニューアル!

今から25年前、1992年に誕生した『500色の色えんぴつ』は世界最多の色数を誇る。今回『500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS』という名で全面リニューアルした背景には「東京で生まれた500色のしあわせの種(SEEDS)から、持つ人それぞれの色の花を咲かせてほしい」という思いが込められている。美しさの要となる芯は、山梨県甲府市にある日本唯一といわれる色芯工場で製造。高い技術力と感性で500もの色の違いや微妙なグラデーションを繊細に表現。そして木製ボディーは東京の老舗えんぴつメーカーで生産。 色は色相環360色のベーシックカラーと、蛍光・メタリック・ダーク・パステルなどのスペシャルカラー140色で再構成されている。

 

■毎月20色ずつ、25カ月間届けられる楽しみ

この『500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS』、一度では手に入れることができないのも特徴のひとつだ。毎月20色ずつ25カ月、つまり2年1カ月かけて届けられるシステムなのだ。徐々にそろっていく楽しみも長く味わえそうだ。今回はその中から2カ月分の内容を見てみよう。


コンパクトにペンケースに収められた20色の色えんぴつ。情報カード、ペーパークラフトカードが一緒についてくる。

ジグザグ状に上下2段(各10色づつ)で収納できるケース。

表面はテカリを押さえたツヤ消し加工がされており、高級感がある。

ボディーは太めの四角形。角は丸みをおびており、机の上で転がることがない。一般的には丸や六角形などが多い色えんぴつ。実は四角形は、生産が非常に難しいそうだ。というのも、塗装をする、先端を削るなど、えんぴつのほとんどの行程は「転がしながら」作られている。このため「転がりにくい」四角形で美しい色えんぴつを作るには細かな調整と技術が要求される。もはや日本でしか作りえない逸品といえる。

 

■セットごとに付けられたユニークなテーマと色

毎回、20色ごとにテーマがある。このセットのテーマは「FUN」。

こちらのセットのテーマは「WANDERLUST」。直訳すると「旅行癖・放浪癖」だ。

情報カードを開くと、各色につけられた名前もとてもユニークだと判る。「デート前夜のつめの色(MISS MANICURE)」「まっさらな郵便配達の自転車の色(NEW BIKE)」など。色えんぴつのボディーには英語名だけが記されており、情報カードと照らし合わせながら、日本名を確認するのも楽しい。

色えんぴつそのものが、まるでアートだ。小さなフォントで振られた連番、ロゴマークの刻印も美しい。

色鉛筆の長さは約17.5僉

芯先の保護は発泡素材のもの。

 

 

まずは20色の色を楽しんでみよう

届いた色えんぴつはやはり、すぐに試してみたくなるもの。まずは情報カードに色を塗って楽しむのがおススメ。20色分のカラーチャートが出来上がる。

この色えんぴつ、芯が一般的なものより太いのも特徴だ。3.5mmの太芯は柔らかさも兼ね備えながら、簡単には折れたりはしない。また滑らかさがあるので、広い面や細かな線、色の濃淡などのもつけやすい。

セットのペーパークラフトカードは塗り絵の要領で。

好みの色を塗ったら、組み立てて楽しめる。毎回違ったペーパークラフトがセットされている。

12色や24色の色えんぴつには入っていない淡く薄い色もあるため、発色が弱く感じたり、芯も若干だが硬めに感じるものもあった。色により多少の個体差があるのかもしれない。紙の種類によっても発色は変わってきそうだ。

毎月20色セットで届くようになると、カラー別でのチャートも欲しくなる。赤系チャート、青系チャートなどの色表示があるとさらに面白いかもしれない。またユニークな色の名前が一般的な色名のどこにあたるのかなど。これだけこだわりの色えんぴつなので、好奇心がくすぐられる。

 

色えんぴつそのものがアートになるというメイドインジャパンならではのこだわり。500色という世界最大の色展開はコレクション欲を刺激する。少しずつ集めていくスタイルはプレゼントにもおススメだ。さらに、この世界観が心から気に入った人のために、家具のように500色すべてを並べることが出来る専用のラック39,000円(税別)も別売されている。

 

 

■一度の申し込みで25カ月間届く、コレクションシステム

月1セット(20色)で2,600円、 総額は65,000円(いずれも税別)。ペンケース、情報カード、ペーパークラフトカードは、毎月付属。

今でも職人の手で少しずつ生産され、順次出荷されている『500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS25セットの中でどのテーマの色えんぴつから送られてくるかは、届くまで分からない。500色全部揃うまで2年1カ月、ワクワクが続く。なお送料は25回すべて無料で、途中解約は不可。太軸鉛筆が削れるえんぴつ削りが必要だ。フェリシモではドイツDAHLE(ダーレ)社の手回し式卓上シャープナーが別売りされている。

 

ひとり2セット以上申込むと1セットあたり総額15,000円OFFになるセット割りや、友達と一緒に申込むと総額12,500円OFFになる「とも割り」キャンペーンも開催中。

 

公式サイトでは、すべての色の英語名が分かるコンセプトページや、開発ストーリー、ユーザーボイスなども紹介されている。

 

公式サイトはこちら