アーセナルは、遠征で訪れているオーストラリアのシドニー湾に浮かぶフォート・デニソンにて、オペラハウスとハーバーブリッジに夕日が沈む壮大な景色をバックに3rdキットを発表した。

写真拡大 (全2枚)

 7月12日、プーマが、同じデザインテーマで製作した世界で契約する23のクラブのサードキットを発表した。
 

 アーセナルは、シドニーでローンチイベントを行い、2017-18の3rdユニフォームを披露。続いて、ドルトムント、レスターをはじめ、日本で契約するJリーグの川崎フロンターレ、清水エスパルス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪のモデルが発表された。

 

 “STEP OUT”を掲げたこの新しいキットには、力強くソリッドでプレーヤーもサポーターも自信と共に敵地に乗り込む(STEP OUT)ことができるという、どこでもホームのプライドを感じることができるデザインとなっている。

 

 ダークカラーをベースに、最新のテクノロジーとプレミアムな素材が採用され、さらに、それぞれのクラブのスタジアムやホームタウンからインスパイアされたグラフィックやカラーリングが施されている。

 

 サードキット(STEP OUT)は、プーマ取り扱いショップにて順次、販売開始される予定。