熊本の映画館で『銀魂』舞台挨拶に登壇した橋本環奈

写真拡大

2016年4月に起きた熊本地震以降営業を停止し、約1年後の2017年4月20日に全館営業再開をしたショッピングセンター「ゆめタウンはません」内のTOHOシネマズ はませんにて、7月11日に映画『銀魂』の試写会が行われ、本作にメインキャストの1人、神楽役で出演している橋本環奈が舞台挨拶を行った。

[動画]橋本環奈は鼻ほじ、中村勘九郎はちんちん。映画『銀魂』ぶっ飛びジャパンプレミア

『銀魂』は、週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂」を小栗旬主演、福田雄一監督で実写映画化した痛快アクションエンターテインメント。大きな拍手で迎えられた橋本は、久々の熊本訪問に「熊本に来られて、すごく嬉しいです。初めて映画に出演させていただいた時に撮影した場所が熊本だったので、また来たいなとずっと思っていました」と喜びを露わに。

福岡出身で、ゆめタウンのイメージキャラクターをつとめる橋本は「私がこの『ゆめタウン』さんのイメージキャラクターをさせていただいていることもあって、最初の損壊の報を聞いた時は驚きましたし心を痛めました。熊本地震で甚大な被害を受けられて、この劇場のある『ゆめタウンはません』さん、そしてこの『TOHOシネマズ はません』さん、ご不自由な生活をされた方も今日のお客様の中にはたくさんいらっしゃると思いますが、みなさんに心よりお見舞いを申し上げます。関係各位のみなさんのお力で、約1年かけてこのように復旧されて。今日来てみて、この復旧は本当にみなさんの努力の賜物なんだなと思いました」と続けた。

また、「私は『銀魂』の中でも、元々この神楽というキャラクターが好きだったので、出演のお話をいただいた時すごく嬉しかったです」とオファーを受けた際の心境を振り返ると、「誰もが知っている人気作で、しかも人気が高い神楽役だったので、原作のイメージを崩さないようにしたいと思いました」と語り、「豪華キャストで、撮影中も和気あいあいとしていたんですが、この現場の良い雰囲気がそのまま作品にも出てると思います」と笑顔をのぞかせた。

最後には「今日はこの震災のご苦労を一時でも忘れていただき、映画『銀魂』を楽しんでいただけたらと思います。今日は本当にありがとうございました!」と感謝の気持ちを精一杯に伝えていた。

『銀魂』は7月14日より全国公開となる。