永野

写真拡大

12日放送の「PON!」(日本テレビ系)で、お笑い芸人の永野が、ブレイク後の税金を心配するANZEN漫才のふたりにガチな助言を授けた。

番組では、ジャッキー・チェンの新作映画「スキップ・トレース」の公開イベントを盛り上げる、ANZEN漫才のみやぞんとあらぽんの活躍を伝えた。リポートする永野はブレイク芸人の先輩として「永野におシェーて!」と、題し、ふたりから芸人としての質問を募った。

「全部答えますよ、私は!」と、意気込む永野に、あらぽんが「ちょっとリアルなんですけど。来年の税金とかどうしていけば…」「よく言われるじゃないですか。いきなり(収入が)ドーンってなると、来年の税金が払えなくて…」と、現実的な相談を投げかけた。

永野は「きた!」と声をあげると「リアルでいいですか? テレビ的じゃなくて?」と断ると表情が一変。真顔になり「○○○の形で…そういう事務所を作ればいい。自分たちのね」と、規制音で自主規制がかかるほどのガチアドバイスを言い放った。

永野がどのような助言を吹き込んだかは不明だが、現場にもVTRを見守るスタジオにも笑いが起こっていた。

【関連記事】
ANZEN漫才・みやぞんのドッキリの対応に驚きの声「神様に見えてきた」
ビートたけしが高額納税に恨み節「200億円稼いで税金が180億」
永野がホリプロを追放された経緯 マネジャーによる涙ながらの訴えに「辞めます」