様々な国の料理店が並ぶ

写真拡大

「あれ、鶴見って川崎じゃなかったの?」

 否、鶴見は横浜市である。京浜工業地帯の一角を担う街として、川崎や蒲田と似たようなイメージを思い浮かべる人も多いのではないか。横浜市のホームページによると、人口は約28万人、今年の10月で生誕90周年を迎える。そんな歴史ある街でありながら、横浜と川崎の狭間で埋もれがちではある。

「鶴見をナメるなよ!」

 というワケで、今回は日刊SPA!取材班が地元民の意識や知られざる魅力など、鶴見という街について探ってみた。果たして、彼らはハマッ子なの? 不良や外国人、沖縄人が多い? サウナや旅行好き、バックパッカーからも注目されている? 山の民・海の民、盆踊りフェスってなんだ!?

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1360505

◆鶴見の海側と山側の違い

 臨海部には大企業の工場が立ち並び、その中核として機能しているが、それだけではない。隣町の川崎に住み、戦後から街の変遷を客観的に見てきた女性・塚越さん(80代)がこう振り返る。

「いまは昭和の名残がある工業地帯というイメージだけど、もともとは漁業が盛んな街として栄えたの。昔は商店街にもすごく活気があって。物価も安くて、よく海苔などを買いにいったわ。鶴見を訪れるたびに、潮の香りが漂ってきたことを覚えています」

 そんな鶴見には、どのような人たちが住んでいるのか。鶴見在住歴20年以上の花田さん(仮名・40代)が言うにはこうだ。

「鶴見駅から山側の北寺尾などはお金持ちなど、少しハイソな人たちが住むエリア。某有名人を付近で見かけたこともありますね。一方で、鶴見川を渡った海側のほうは、少しヤンチャな人たちといいますか……刺青が入ったコワモテとか外国人が多く住んでいて、幼いときは両親から『行ってはダメ』と釘を刺されていました。大人になった現在では、そんなことはないと思いますよ。少しガラは悪いかもしれませんが(笑)」

 とはいえ、実際のところ、治安はどうなのだろうか……。“海側”の外国人エリアに住んで2年という別の男性がこう証言する。

「近所には、昭和のトタンの長屋なども珍しくありません。中国や朝鮮の人たちが映画『ALWAYS 三丁目の夕日』みたいな生活を今でもしています。引っ越してきた当初、朝っぱらからいきなり警察官が20人ぐらいでパンツ一丁のブラジル人を取り囲んでいる光景を目の当たりにして……。さすがに驚きましたが、それ以降は特に危ないと感じたことはありません。そういった犯罪者もなかにはいるのかもしれませんが、自分が住んでいる場所でわざわざ悪さはしないでしょう。下町気質で人情味あふれる街。とても住みやすいですよ」

 ともあれ、鶴見駅を境に海側と山側ではまったく雰囲気が異なるらしい。しかし、対象的ではあるが、鶴見のなかで交わる機会も少なくないのだとか。

「そんな“山の民”と“海の民”が一堂に介するのが、7月に行われる總持寺の“み霊祭り”。盆踊りが有名で、お坊さんがノリノリなんです。一部のネットユーザーからは『盆踊りフェス』と呼ばれています。毎年、多くの人で賑わっていて、子どもから大人まで楽しめる夏の風物詩ですね」

 そんな鶴見だが、“地元意識”としてはどうなのだろうか。横浜の人たちは「ハマッ子」と呼ばれるほど地元意識が強いことで知られている。しかし、鶴見は横浜市ではあるのだが、位置的には川崎のほうが近い。一般的に「不良は地元意識でつながっている」とも言われるが、鶴見出身の元不良で、現在は普通の社会で働く男性・柴本さん(仮名・30代)に聞いた。

「鶴見は横浜です。“横浜の人間”という意識に揺らぎはありません。とはいえ、若いときにどこで遊んでいたのかと聞かれれば、川崎のほうでした。交友関係も川崎方面の人たちが多かった気がします。もちろん、横浜方面の不良ともつるんでいましたが。いま考えると、中立的な良いポジションだったのかもしれませんね」

◆旅人も注目!? 海外の空気感が流れる街

 鶴見には外国人が多く住んでいる。その背景には、このような理由があるのだという。

<明治以降、日本からブラジルやペルーに多くの人が移住しました。この人たちには沖縄の人たちも多く含まれていました。また、大正以降、京浜工業地帯の発展に伴い、仕事を求めて多くの沖縄の人たちが鶴見区に移り住んできました。そして、現在は法改正され、日系3世までであれば日本で働きやすくなっており、その結果、沖縄から南米へ移住した人たちの2世や3世が、鶴見区に住む沖縄出身者の親戚や友人を頼って来日するようになったのです>(引用元:横浜市ホームページ『発見鶴見!〜データで見る鶴見区〜』より)

 鶴見区に住む外国人の数は約1万人だと言われている。「じつは海外旅行が好きな人にはたまらない街なんです」とは、元バックパッカーで会社員の男性・藤田さん(仮名・30代)。

「潮田などの海側に向かって、すれ違う人たちには外国人が多く、ブラジルやペルーなどの南米系を中心に、中国や朝鮮・韓国人、インド人などを多く見かける。聞こえてくる言語も様々です。地元の学校では、ハーフや混血児の割合が高いとも言われています。海外旅行好きにとって、歩いているだけでも異国情緒が感じられる。軒先にシーサーが置かれているような沖縄の人たちが移り住んできたエリアもあります。街には世界各国の異国料理店が点在しているので、“旅行気分に浸れるグルメタウン”としても注目しています」

 藤田さんは元バックパッカーだが、現在は仕事が忙しく海外旅行をする時間がないことが悩み。そこで、鶴見の異国料理店を巡りながら旅行気分に浸るのがマイブームなのだという。オススメの店を少し案内してもらった。

「本町通り商店街にある『コキス・ローストチキン』はペルーで人気のチェーン店。日本で例えるなら、ケンタッキーみたいな感じですが、鶴見以外に住んでいるペルー人がわざわざ買いにくるほど。定番の1/4 ローストチキンとチャーハンはボリューム満点。小腹が空いているときなどは、牛ハツの串焼きやローストチキンサンドが食べやすくてオススメです。ペルー産クリスタルビールやチチャモラーダ(紫とうもろこしのジュース)、インカコーラなど、南米らしいドリンクも味わってみてください」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1360510

 そこから商店街を歩くと、確かに南米料理店やインド料理店がチラホラ。さらに仲通りから数分。まさに海外のローカルな商店といった雰囲気の『ユリショップ』が見えてくる。

「ここでは、南米の食料品やお菓子、アイス、日用品などが売られています。店内の奥には食堂が併設されていて、肉を中心とした本場のブラジル料理が食べられます。とにかく安くて腹一杯まで食べられます」

◆大型スーパー銭湯が立ち並ぶサウナ激戦区!

 いま、鶴見は銭湯やサウナ好きからも注目を集めているのだという。もともと鶴見には銭湯が多かったらしい。街の至るところには昔ながらの銭湯が見受けられる。さらに近年、鶴見駅から川崎方面に向かう国道1号(第2京浜)沿いには、大型スーパー銭湯が続々と誕生している。では、オススメはどこなのか。週に1度は鶴見のスーパー銭湯に通っている田中さん(仮名・30代)がこう言う。

「なにを求めて行くのかによりますが……中年男性が1人で行くなら昔ながらの雰囲気が残る『ヨコヤマ・ユーランド』。関東屈指の冷たさを誇る水風呂が有名です。『RAKU SPA』は、天然石やアロマキャンドル、プラネタリウムの岩盤浴もあり、女性やファミリー向けと言えます。サウナ好きなら『おふろの国』が面白い。ロウリュウのサービス、そこから派生して“熱波甲子園”や“熱波プロレス”など、個性的なイベントが次々と打ち出されています」

 鶴見の駅前からは、各施設への無料送迎バスなども出ている。銭湯やサウナ好きならば、一度は訪れるべきエリアだと言える。

◆鶴見は奥深い魅力で溢れている

 一般世間の“京浜工業地帯の一角”というイメージだけではなく、その風土から発展した奥深い魅力で溢れている街だということがわかった。首都圏のいわゆる観光スポットなどに飽きたのであれば、鶴見に足を運んでみれば、ディープな世界が楽しませてくれるはずだ。

<取材・文/日刊SPA!取材班>