ここ数年、新型iPhoneは9月中旬に発売されています。しかし、今年発表されるiPhone 8は2つの問題が原因で、発売が3週間以上遅れる可能性が出てきました。

iPhone 8は10月以降に発売か

Bank of America Merrill Lynchのアナリストが、アジアでAppleに部品を供給している業者から聞いた話によれば、iPhone 8の出荷は例年よりも3〜4週間遅れます。製造を担う工場から出荷が遅れることになれば、発売も遅れると考えられます。

『iPhone 7』・『iPhone 7 Plus』は2016年9月16日、『iPhone 6s』・『iPhone 6s Plus』は2015年9月25日、『iPhone 6』・『iPhone 6 Plus』は2014年9月19日、『iPhone 5s』は2013年9月20日に発売されました。

iPhone 8の発売が例年の9月中旬から3〜4週間遅れるとなれば、10月上旬から中旬になるかもしれません。

iPhone 8の発売が遅れる理由

iPhone 8の発売が遅れる理由として今回挙げられているのは、指紋を読み取るTouch IDと被写体を立体的に認識できる3Dセンサーです。

Touch IDに関しては画面内蔵型を目指しているものの、技術的な問題が未解決として、全面的な廃止やiPhone裏面への搭載も噂されています。

iPhone 8への3Dセンサー搭載は以前から噂されています。しかし、ソフトウェアの調整が難航しているため、発売当初は無効化された状態で出荷されるという噂もあります。

今回の予測では、いずれの点についても詳しい事情は明かされていません。

参考

IPhone 8 may be delayed by 3 weeks or more, Bank of America says - CNBC