コストコのコーヒー棚で巨大な缶入り『100%コロンビアコーヒー』を見かけてどうしようとお悩みの方、いませんか?

コロンビア産のスプレモ。ダークローストで細挽き(粉です)。スプレモを使ってるなら安心かな……?

さすがに1.36kgは多いので、好きな味じゃなかったら大損です。どんな味かチェックしてみました。

コストコ|100%コロンビアコーヒー|1,538円(1.36kg)

こちらがコストコのプライベートブランド、カークランドシグネチャー印の『100%コロンビアコーヒー』。1缶1.36kgで1,538円(税込)です。100gあたり約113円。

生豆生産国はコロンビア、原産国はアメリカ。

細挽きよりは、中細挽きくらいでしょうか。

お味は?

豆の仕様生豆生産国 コロンビア状態 粉挽き 細挽き(実際は中細くらい?)内容量 1.36kg100g単価 約113円味の傾向苦味 ★★★★☆コク ★☆☆☆☆甘味 ★☆☆☆☆香り ★★☆☆☆酸味 ★★★★☆おすすめ度 ★★☆☆☆

ドリップしてみると、豆のふくらみはほとんどなし。缶入りなだけに、そのあたりは仕方がないでしょうね。

味は、苦味と酸味が強く、かなりパンチが効いたテイスト。香りには独特のクセがあり、人を選ぶ印象です。この酸味と雑味は、ちょっと日本人好みではないように思われます。ものすごい量ですし、酸味系のコーヒーが苦手な人は避けたほうがいいでしょう。目の覚めるガツンとした飲みごたえを求める人には合うかもしれません。

確かなことは分かりませんが、この酸味と独特の香りは、水洗加工中に付いたものかもしれません。コロンビアではコーヒーチェリーから豆を取り出す際、水に漬け置きする「水洗式」の精製方法が取られます。この際、コーヒー豆に酸味と発酵臭が付くことがあるんですね。

コーヒーは個人の嗜好の違いが大きいとは思いますが、少なくともコストコの定番コーヒー豆、同じくカークランドシグネチャー『ハウスブレンド』(スタバが製造)が好きという方には、『100%コロンビアコーヒー』はお口に合わないでしょう。