エヴァにガンダム、マリカーまで!「VR ZONE SHINJUKU」で最新VRを楽しもう

写真拡大 (全19枚)

バンダイナムコエンターテインメントは7月14日、国内最大級のVR施設「超現実エンターテインメント EXPO『VR ZONE SHINJUKU』」をオープンします。新宿歌舞伎町にある同施設は、“VR施設”と言うより“アミューズメントパーク”といった外観。VR以外にも、レストランやお土産ショップも併設されているので、家族や友達とワイワイ楽しみたい人向けの施設といえます。

では、思わず「キャーッ!」と叫んでしまうイチオシのVRアクティビティをご紹介しましょう。

■「友達とワイワイ楽しんで」

「VR ZONE SHINJUKU」は、施設規模1100坪という国内最大級のVR施設です。7月14日にオープンする同施設では、エヴァンゲリオンやガンダムなど、誰でも知っている作品の世界観や、地上200mの高所体験をVRで楽しめます。

“VR施設”と銘打っていますが、筆者の感覚では“アミューズメントパーク”という印象。たとえば、施設に入るとチケットをスキャンするためのゲートがあり、まるで遊園地に行くようなワクワク感を得られる点がその一因かもしれません。

さらに進むと、「センターツリー」と呼ばれる巨大な木が。照明とプロジェクションマッピングによる演出で、ファンタジーの世界に迷い込んだような体験ができます。プロジェクションマッピングって、外から見る機会はあっても、その中心に自分がいることってなかなかありませんよね。

7月12日に行われた内覧会では、この「センターツリー」エリアにバンダイナムコエンターテインメントの小山氏と田宮氏が登場。「VR ZONE SHINJUKU」について。「友達と大声を出しながら楽しんで欲しい」と語りました。

▲小山順一朗氏と田宮幸春氏

 

■逃げたいくらいリアル「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」

「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」では、完全再現されたエヴァのコックピットに乗り込み、使徒との戦闘を体験可能。映像に合わせてコックピットが揺れ、風が吹き込むため、エヴァの動きを五感で感じられます。

▲風が吹き込み臨場感たっぷり

使徒を倒すための武器が弾切れになると、別の武器を探す必要があります。武器は全部で3種類ありますが、どの武器が見つかるかはわからないので、“運”もゲームクリアに必要な条件と言えます。

制限時間が近づくと画面が赤くなり、危機感を煽ります。ちなみにこのVRアクティビティは最大3人との共同プレイが可能です。研究員の方いわく、「一人でのゲームクリアはかなり難しい」とか。3人で声を掛け合い、協力して使徒を攻撃するのがベストだそうです。

▲制限時間が近づくと画面が赤くなる

VRアクティビティ内で聞こえる声は、アニメと同じ声優さんが担当しています。エヴァの世界をリアルに体験したい人はぜひ試してみましょう。

 

■カートがガタガタ揺れる「マリオカート アーケードグランプリVR」

「マリオカート アーケードグランプリVR」は、初公開のVRアクティビティのひとつ。体験するにあたり、ゲーム内でアイテムを“つかむ”ための機器を手に装着します。

いざレースが始まると、マシンが予想以上に揺れるのでビックリ! 崖からジャンプする際など、足元の景色がよく見えるので浮遊感すら感じられるリアルさでした。もちろん、着地したときの衝撃もなかなか。

アイテムを入手するときは、思わず身を乗り出すような姿勢に。手の差し出し具合から、筆者がどれだけ必死だったかおわかりいただけるでしょう。


■ガンダムの手に座れる!「ガンダムVR ダイバ強襲」

ガンダムの“手のひら”に乗り、ザクからの攻撃を間近で見られる――。「VR Zone Project i Can」から継続設置されている「ガンダムVR ダイバ強襲」は、そんなアクティビティです。

アクティビティが開始されると、目の前のガンダムが「スッ」と手を差し伸べ、そこに乗ることができます。下の写真で、筆者が座っているのがガンダムの“手のひら”、しがみついているのが、“親指”部分だと思ってください。

“手のひら”に座ると、そのままガンダムの胸の高さまで引き上げられます。足元の景色がどんどん遠くなっていくので、“持ち上げられている感”はたっぷり。ザクが攻撃してきてもガンダムがしっかり守ってくれ、安心して両者の戦いを見ていられます。

所要時間は約8分と長めなのですが、ガンダムの高さから周りの景色を見渡せたり、風がビュンビュン吹いてきたりと、あっという間の体験でした。ただ、実際に座っているガンダムの“手のひら”が柔らかい素材のため、「あれ? ガンダムってもっと固いんじゃない?」と思ってしまいました。

 

■足がすくむ!「極限度胸試し 高所恐怖SHOW」

「あぁ驚いた…」

そう思ってしまったのが、「極限度胸試し 高所恐怖SHOW」。地上200mに迷い込でしまった子猫を助け出す、というストーリーなのですが、救出すべき猫がいるのは、なんと突き出た板の先! VRで地上200mの景色を見ながら狭い板の上を進むのは、かなり怖かったです。

▲細い板を慎重に渡り…

▲猫(先端にある黒い置物)を救い出す

後ろでスタッフの方がいろいろと指示を出してくれるのですが、それでも怖い! 足元の板が不安定なのは演出でしょうか……。「板から落ちたらゲーム終了」とのことで、かなり慎重に進んだのですが、なんとゲーム終了の寸前で躓くというハプニングが! 幸いゲームオーバーにはなりませんでしたが、「地上200mでつまづく」というかなりレアな経験ができました。

 

■まるでバラエティ「巨大風船爆発ルーム パニックキューブ」

「VR ZONE SHINJUKU」には、VRゴーグルをつけずに楽しめるアクティビティもあります。そのうちのひとつが「巨大風船爆発ルーム パニックキューブ」。狭い牢屋に閉じ込められ、巨大風船に押し潰されながらミッションクリアを目指します。

謎解きを楽しむアクティビティなので、ミッションについての詳しいコメントはNGだそう。けれど、間近で巨大風船が膨らむというバラエティでしか見られないような体験ができるのは、かなり貴重です。

筆者も体験したのですが、風船の破裂音よりも、破裂による風圧に新鮮な驚きを感じました。これから体験される方は、くれぐれもミッション内容をネタバレしないように!

 

個人的な意見ですが、VRアクティビティの魅力は「自分が主人公になったつもりで楽しめる」点にあると思います。テレビゲームでも自分を主人公として設定できますが、VRアクティビティはゲームの世界観を五感に訴えることができるので、実際に自分がゲームの世界にいて、自分の操作ひとつでゲーム内のストーリーが展開しているように感じられます。

「VR ZONE SHINJUKU」は入場チケットが800円(13歳未満の子供は500円)。ほかに、「1day4チケットセット(入場+4アクティビティ体験チケット)」が4400円、「VRアクティビティ当日チケット」が1200円です。「1day4チケットセット」はウェブと「VR ZONEアプリ」から購入できます。

>> 「VR ZONE SHINJUKU」

 

(取材・文/神戸紅実子)

かんべくみこ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」に所属。”平成生まれ昭和育ち”ながら、スマホやアプリに関する記事を若者文化に乗り遅れまいと執筆中。東横線ユーザーだが、ときどき中央線沿線にも出没する。