暑い夏、心筋梗塞に要注意

写真拡大

【あさチャン! 夏の心筋梗塞に注意】(TBS系)2017年7月13日放送

連日の猛暑が日本列島を襲っている。2017年7月3日〜9日の1週間に熱中症で緊急搬送された人は全国で4241人、6人が死亡した(総務省調べ)。

しかし、熱中症より怖いのが「夏の心筋梗塞」だ。心筋梗塞の死亡率は約3割。重い後遺症が残る場合も多い。夏の日の朝に発症することが多い心筋梗塞の防ぎ方を紹介する。

「魔の時間帯」は午前9時、32度を超えると危険

元大相撲小結でタレントの龍虎勢朋さん(享年73)や、元サッカー日本代表の松田直樹さん(享年34)は元気に活躍中、心筋梗塞で急死したが、2人とも暑い8月だった。ある医療機関の調査によると、心筋梗塞の死亡率は気温が32度を超えると急上昇する。なぜ、夏場になると、心筋梗塞の危険が高まるのだろうか。心臓病が専門の小田原循環器病院の杉薫院長がこう解説した。

杉院長「暑い外で運動したりして脱水状態になると、心筋梗塞の発症の可能性が高まります。血液がドロドロになり、固まりやすくなります。血栓ができて、血管を詰まらせるのです」

いわゆる「夏血栓」と呼ばれる「血栓症」だ。この血栓が脳に詰まると脳梗塞に、心臓に詰まると心筋梗塞になる。普通の時期の心筋梗塞は60代以上に多いが、夏の心筋梗塞は40〜60代も危険だという。

杉院長「心筋梗塞は起こしやすい『魔の時間帯』があります。一般に起床してから1〜2時間後の午前9時ごろが多いといわれます。職場に着いて仕事を始めてまもなく倒れるというケースもあります」

起床して1〜2時間後は、自律神経の交感神経が活発に活動を始める時間帯だ。心臓は自律神経で動いている。交感神経は血圧を高め、心拍数を早くする。血栓があると、それを心臓に送りこんでしまうのだ。杉院長は、心筋梗塞の前兆となる4つの症状を紹介した。

(1)胸が圧迫される感覚が長く続く。みぞおちや肩の周辺に痛みを感じる。

(2)のどが締め付けられる感覚がある。のどがゼイゼイと苦しくなる。

(3)冷や汗が止まらない。

(4)歯が痛む。特に奥歯がうずく感じがする。また、あごが痛む。

奥歯が痛む理由は胎児の時代にあった

この最後の「歯の痛み」は意外に思う人が多いだろう。しかし、心筋梗塞を起こした人の多くが事前に歯の痛みを訴えている。歯科を訪れて、実際に虫歯があったため、心筋梗塞の前兆だったことに気づかなかった人もいる。なぜ、歯が痛むのか。実は人間は胎児の時に、最初に心臓ができるのは奥歯のあたりの場所なのだ。それが移動し左胸あたりに納まるが、心臓の神経の「遺物」が奥歯のあたりに残る。そのため、心筋梗塞が起こると、脳は心臓の痛みを何十年も前にあった奥歯の神経の場所付近に感じる。だから、虫歯や歯周病でもないのに、歯が痛くなったら要注意だ。

杉院長「4つの兆候のどれかが表れたら、すぐに受診してください。夏場は水分を十分にとり、炎天下の屋外にいる時間をできるだけ少なくしてください」