Jリーグ挑戦の可能性が注目されている元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが12日、ローマの練習場でクラブの幹部と対面した。引退して幹部に就任する方向で話し合いが進んだのかが注目される。

Jリーグ2部の東京ヴェルディがオファーを出し、羽生英之社長が「ローマで幹部か、ヴェルディで現役続行かの二択」と明かしたトッティ。イタリアのメディアでは、トッティが前者を選んだという声が有力だ。

トッティは5月28日にローマでのラストゲームを終えて以降、キャリアについて口を閉ざしてきた。だが、一部のメディアはすでにトッティが東京ヴェルディに断りを入れたとも報じている。

そんな中、バカンス中だったトッティは12日、ローマの練習場トリゴリアでクラブの重鎮たちと顔を合わせた。ウンベルト・ガンディーニCEOやマウロ・バルディッソーニGM、そして特にモンチSDとかなり話し合ったようだ。


モンチSDは以前からトッティに自身の右腕になってほしいとの希望を公言している。ローマのジェームズ・パロッタ会長はトッティに親善大使のような役割を望んでいるとされるが、トッティ自身もモンチSDらと現場で仕事したいと希望しているようだ。

『スカイ・スポーツ』のマリオ・ジュンタ記者は、この日のトッティと首脳陣の話し合いについて、「幹部としての将来に向けた土台づくり」と報じている。


また、ローマ専門サイトの『forzaroma』は、「国外へのあらゆる道、特に日本への道は否定されたようだ」と報道。トッティの日本挑戦はないとの見方を伝えた。


イタリアのメディアがこぞって否定しているのに対し、水面下での動きがあるとも噂されるトッティの日本行きは、どのような決着を迎えるのだろうか。