宝生舞さんの「ぼくらの勇気」現場訪問に反響

写真拡大

元女優の宝生舞さん(40歳)が、KinKi Kidsデビュー20周年特別企画として7月21日に放送されるドラマ「ぼくらの勇気 未満都市2017」(日本テレビ系)の現場を訪問したと、話題を呼んでいる。

これは「ぼくらの勇気 未満都市2017」の公式Twitterが7月12日、「今日、撮影現場にユーリ役の宝生舞さんが来て下さいました」と伝えたもの。宝生さんは1997年に放送された連続ドラマ版「ぼくらの勇気」でヒロインを務めており、20年ぶりに“復活”する同作を激励に訪れたようだ。

また、公式Twitterは「光一さん、剛さん、相葉さん、松本さんと話している姿は、まさに20年前そのもの この光景には20年前のスタッフも今回のスタッフも大興奮でした!!」とその感動を伝えた。

宝生さんはすでに芸能界から引退しているため、その近影は明かされていないが、差し入れのチョコレートの画像が添えられている。

宝生さんは2007年3月に結婚し、2010年5月31日付けで「これからの人生、『宝生舞』としてではなく、また『役』としてでもなく自分自身をしっかりと確立させるため」と、芸能界引退を発表。「ぼくらの勇気」のほか、「ショムニ」シリーズ(フジテレビ系)などでもインパクトのある役を演じており、当時ファンからは引退を惜しむ声が多々上がっていた。

そんな宝生さんの名前が久しぶりに表舞台に登場したことで、Twitterやネットでは大きな反響を呼ぶことに。Twitterでは多くのユーザーが思い出話に花を咲かせている。