これだけやればOK! 英語の家庭学習「5つ」の注意点

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第5刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

これを家庭でやると伸びる5つの視点

 家庭学習で注意すべき点は次の5点です。

 いつも私が教室やセミナーで話していることですが、お母さんは、これをほぼすべて守っています。

1 子どもが途中でひっかかっても、こだわらずに読み進める
2 読めているのかわからないけれど、一緒に文字を指で差しながら読み進める
3 できているかどうか試さない
4 ダラダラ続けない、時間を区切る
5 テキトーにやる

 その他にも、

「児童英語教室に何年も通っていたが、一向に英語の文章を読ませたり、作文を書かせたりする気配がなかった。たった1年で、子どもがこれほど英文の暗唱や作文が上手になって本当にうれしい」

「毎日、FRUITとか、LIONとか何回も書き取りをさせられて、子どもはうんざり。5年も続けているが、1センテンスも読めない。友人のママに相談したら、『ひろつる先生がセミナーで、自宅で単語を暗記するだけであっというまに英検5級に受かります、と言っていたので、ウチの子はそれを実践して家庭の暗記のみで英検3級(中学卒業程度)まで合格したのよ』と言っていたので、さっそく単語の暗記をやったところ、なんと3週間で英検3級に合格しました。ありがとうございます」  などたくさんのうれしいお便りをいただきます。

暗記が苦手な子が
小2で4000語暗記した!?

 2020年に大きく変わる小学校英語なのに、4年間で中学1年分の600語だけではもったいない。
 私の教室には、小2で4000語暗記したツワモノもいます!

 しかも暗記は苦手な子がです。

 この本では、「1日たった5分のらくらく単語暗記法」や「絵本の超・音読法」をじっくり紹介します。
 ぜひ、家庭で楽しみながら進めましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)