「中目でどっかいいところない?」。そんな風におすすめのお店を聞かれたら、この『ひぐらし』のようなお店を教えたい。カジュアルすぎず、でも接待なんかにも使えて、もちろん料理は美味。

日本酒も豊富で、ついつい飲み過ぎてしまう。中目に集う高感度の人たちがこぞって通っているという事実が、この店の実力を物語っている。



男同士の夜は、まず“赤星”からスタート
『ひぐらし』

男同士で今日は語ろうぜという時は、居酒屋感覚で使える和食がしっくりくる。川沿いから路地を入った目立たない場所にある『ひぐらし』は、まさにそんな夜にぴったりだ。

パリッとしたカウンター割烹の空気感とモダンな内装のほどよいバランスがこの街らしい雰囲気を醸し出している。広めのカウンターは、座席の後ろに広々とした空間があり窮屈さを感じさせない。それでいて横並びの気安さがあるので、テーブル席よりむしろ居心地がいいのだ。

付かず離れずの接客も心得たもので、そんな機微が分かるところも美食と寛ぎを求める大人がこの店に惹きつけられるゆえんだ。



衣に木の芽をまぶして揚げた稚鮎の木の芽揚げ¥750、ふんわりと煮あげてから外側を香ばしく焼いた煮穴子焼き¥1,000。定番のほか本日のおすすめなども登場する

素材をシンプルに打ち出した料理は正統派の和食。旬の魚介が豊富で、夏なら鮎や穴子など、季節の到来を告げる皿を味わえば晴れやかな気持ちになる。

ビール好きに人気のサッポロラガー、通称“赤星”でグラスを交わせば、時がたつのも忘れて会話が盛り上がる。

大笑いするような飲みというよりも、互いの人生を噛み締めるような、そんな身のある会話が似合うお店だ。



静かに話ができる環境なので、ゆっくり話がしたいときにちょうどいい



会話を楽しむなら瓶ビールをゆっくり飲みながら。和食とも相性がいいサッポロクラシックラガー(瓶)¥650。この他ビールは生ビール¥550やエビス(瓶)¥700など



住宅街の中にひっそり佇む、その隠れ家感もまた男同士が行きつけにしたいポイントになる