業界アナリストがアジアのAppleサプライヤーを訪問、その際に得た情報から、iPhone8の発売は3〜4週間遅れるとの見通しを明らかにしました。

指紋認証と3Dセンサーに技術的課題

Bank of America Merrill Lynch(BofAML)のアナリスト、ワムシ・モハン氏とステファノ・パスカル氏が、Appleとサプライヤーは現在iPhone8に搭載する指紋認証と3Dセンサーの技術的課題に直面しており、例年どおり9月にiPhoneを発売するのは難しいようだと報告しています。
 
iPhone8の開発問題については、Fast Companyが、Appleがソフトウェア問題の解決に苦戦しており、最初の出荷分ではワイヤレス充電や3Dセンサーが機能しない可能性があると報じたばかりです。

iPhone8発売は10月〜11月か

Appleは次期iPhoneの発売時期を発表していませんが、例年と同じスケジュールであれば9月になるはずです。しかしBofAMLは現状から考えると、3〜4週間遅れの10月、あるいは11月になると見ています。
 
iPhone8の発売が遅れるという見方は以前から繰り返し浮上しており、最近では投資銀行のRBC Capital Marketsや、KeyBanc Capital Marketsのアナリストらが発売が遅れる可能性があると述べています。

2017年出荷台数予測を引き下げるも2018年は引き上げ

両アナリストはこれを受け、7月〜9月のiPhone出荷台数予測を1,100万台、10月〜12月の同予測を600万台引き下げました。その結果、Appleの2017年会計年度(2016年10月〜2017年9月)では、当初の予測より1,100万台少ない2億810万台と見積もっています。
 
しかしBofAMLは、2017年度については出荷予測台数を引き下げたものの、2018年1月〜3月のiPhone出荷台数予測は1,000万台引き上げ、通年では2億4,300万台になると推測しています。
 
 
Source:CNBC
Photo:Martin Hajek
(lunatic)