Appleは現地時間7月12日、一般登録テスター向けにmacOS High Sierra10.13、tvOS11の各パブリックベータ2をリリースしました。

2日前に開発者版ベータ3が公開

Appleはこの2日前に、macOS High Sierra10.13、tvOS11のベータ3を開発者向けに公開しており、今回のパブリックベータ2はこちらと同じ内容と思われます。 
 
macOS High SierraとtvOS11の初のパブリックベータ版は現地時間6月29日にリリースされています。tvOSはこれまで開発者向けベータしか公開されておらず、tvOS11から初めてパブリックベータプログラムに追加されました。

macOS High SierraとtvOS11の新機能

macOS High Sierraでは、iOSでは移行済みのApple File Systemへの移行が行なわれるほか、HEVC(H.265)ビデオ対応、Metal 2へのアップデート、写真の編集機能の強化、Safariの高速化などが実現すると発表されています。
 
tvOS11については、6月の世界開発者会議(WWDC 17)ではこの夏Amazon Prime Videoが視聴可能になることしか明らかにされませんでしたが、ほかにもAirPodsとの自動ペアリング機能や、Apple TV同士を同期させるHome Screen Sync、ダークモードと通常モードの切り替えを自動的に行える自動スイッチング機能などの追加が判明しています。
 
なお同日、iOS11パブリックベータ2もリリースされています。
 
 
Source:9to5Mac (1),(2)
(lunatic)