9月の発表が期待される、iPhone発売10周年記念モデルiPhone8ですが、6月時点でソフトウェア問題が解決されていないため、発売時に主要機能が使えないかも知れません

ワイヤレス充電が発売時に使えない可能性

Fast Companyが関係者から得た情報によれば、ソフトの問題から実装に手間取っている新機能のひとつがワイヤレス充電です。Broadcomが供給するとされる部品ではなく、ソフトウェア開発が間に合っていない模様です。
 
問題が解決しなければ、当初の発売分にはワイヤレス充電器が同梱されるものの、機能しない可能性がある、と関係者は指摘しています。

ソフトウェアアップデートで対応か

Appleは同様の手法を以前にも取っています。最近ではiPhone7 Plusのポートレートモードがその一例です。同機能のためのセンサーとチップは当初からiPhone7 Plusに搭載されていたものの、実際に機能が使えるようになったのは、iOS10.1が公開されてからでした
 
これについてはApple関連情報に詳しいブロガーのジョン・グルーバー氏が、「充電器はiPhoneとは別売になり、発売はiOS11.1と同時になる」とツイートしており、機能しないものを同梱するという説より、こちらのほうが説得力があるようにも思えます。いずれにせよ、ワイヤレス充電機能は発売時点では使えない、というものです。

新3Dセンサーでもソフトウェア問題

Appleは新しい3Dセンサーでも問題を抱えているようです。iPhone8は新しい3Dセンサーを搭載し、Touch IDの代わりにこのセンサーを利用した3D顔認証と虹彩認証が採用されるとBloombergが報じました。
 
Fast Companyの情報源は、この3Dセンサーの用途については説明しなかったものの、Appleが精度向上に苦戦しているとしており、こちらもハードウェアではなく、ソフトウェアの問題のようです。3DセンサーはiPhone8発売に間に合う見通しですが、万一間に合わなかった場合、のちのソフトウェアアップデートで改善するだろうと述べています。
 
ただしTouch ID廃止説については懐疑的で、Apple Payの主要技術であるTouch ID指紋認証がなくなるとは考えにくいと指摘しただけでなく、ディスプレイ側に埋め込まれるだろうとしています。
 
 
Source:Fast Company
Photo:Martin Hajek
(lunatic)