10日、韓国・中央日報によると、生徒それぞれがアイデアを練った仮装や変装写真で毎年話題を集める韓国・議政府高校が、今年の卒業アルバム写真の公開を禁止したことが分かった。写真はBIGBANGのT.O.P。

写真拡大

2017年7月10日、韓国・中央日報によると、生徒それぞれがアイデアを練った仮装や変装写真で毎年話題を集める韓国・議政府(ウィジョンブ)高校が、今年の卒業アルバム写真の公開を禁止したことが分かった。

10日午前、同校では来年2月に卒業を控えた3年生の卒業アルバム用写真撮影が行われたが、写真は一切外部に公開されないことになった。同校関係者によると、非公開の理由についても公表しない方針という。

芸能情報などを広く扱うメディア・ディスパッチによると、今年の撮影に際しては、生徒らがどういった仮装をするかなどの「コンセプト」の事前検閲があっただけでなく、校内でスマートフォンやタブレットPCなど電子機器の回収も行われたという。同校生徒の一人は原因について「(過去に)政治的な話題などをパロディー化したものに対して抗議の電話があったようだ」と話した。

同校の卒業写真は政治や経済、社会、文化、芸能などあらゆるジャンルにわたって時に大胆な風刺を盛り込んだものが登場することから毎年大きな話題を集める。昨年には国の機関の後援を受け写真展も行われたが、一方で、性的暴行をしたとして虚偽告訴されたJYJのユチョンや、「公認」の不倫カップルとなっている女優キム・ミニと映画監督ホン・サンスに扮(ふん)した生徒が登場するなど、物議を醸す写真も少なからずあった。

なお、11日付のノーカットニュースなどの報道によると、「禁止令」の下でも複数の写真がネット上に流出しているようだ。今年の注目は、「無礼だ」と批判を浴びた大物議員・金武星(キム・ムソン)氏の空港での「ノールックパス」や、大麻吸引の罪で起訴されたBIGBANGのT.O.Pを風刺したものなど。しかし、議政府高卒アル写真のファンたちが楽しみにしていた政治的な話題に関する風刺はほとんど見られないという。

ソウル経済新聞はこれについて、同校関係者の「昨年の卒業写真公開後、学校に抗議の電話が殺到して仕事ができないほどになった。名誉毀損(きそん)での告発にもつながり、教師や生徒が捜査機関に呼ばれた例もあった」との言葉を紹介、今回の「禁止令」は学校や生徒を守るためのやむを得ない措置だったと伝えた。(編集/吉金)