「岸辺露伴は動かない」新作決定ッ! 「別冊マーガレット」2017年9月号裏表紙

写真拡大

 実写映画化もされた荒木飛呂彦の人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ第4部に登場する人気キャラクター・岸辺露伴を主人公にした短編シリーズ「岸辺露伴は動かない」の最新エピソードが、「別冊マーガレット」9月特大号(8月12日発売)に掲載されることが明らかになった。

 「岸辺露伴は動かない」は天才漫画家である岸辺露伴が、取材先などで体験する恐怖やスリルに満ちたエピソードを描いた作品。「週刊少年ジャンプ」1997年30号に掲載された「エピソード#16 懺悔室」を皮切りに、現在までに7つの短編が発表されており、2013年にはその内の5編を収録した単独コミックが刊行された。

 これまで「ジャンプ」や「ジャンプSQ.」、マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」などさまざまな媒体で発表されてきた同作だが、少女まんが誌に掲載されるのは初めて。最新作「エピソード#9 D・N・A」では、露伴がある女性の幼い娘に表れた謎の現象の解明を依頼されたことから起こる、奇妙な出来事が描かれる。特別号には露伴をあしらった裏表紙を採用。特別付録として、少女まんが誌である「別冊マーガレット」ならではのデザインを採用した「岸辺露伴は動かない」ステッカーが付属する。

 また7月19日発売予定の「ウルトラジャンプ」8月特大号では、特別付録として「岸辺露伴は動かない 短編小説集(1)」が封入される。こちらはシリーズ初のノベライズ作品となる、気鋭の若手作家を起用した短編小説集。文庫本と同じ装丁で作られ、3編のエピソードを収録しており、ファンにとっては保存版となりそうだ。(編集部・入倉功一)