Appleが、インド国内に史上最大規模の床面積を誇るApple Storeの出店計画を進めている、と米メディアPatently Appleが報じています。インドでのiPhone生産を開始したAppleは、政府による出店許可を見据えて動き出した模様です。

2020年頃に開店、世界最大規模の店舗

インド初のApple Storeは、首都ニューデリーと、iPhoneの生産を行なっているインド南西部のベンガルールに、2020年頃に開店する計画です。
 
店舗の外観は、最近のApple Storeに見られるような、ガラスを多用したデザインが採用されています。改装工事中のニューヨーク五番街の店舗や、MacBookにそっくりと話題のシカゴの店舗のようなデザインが計画されている模様です。
 
店舗の床面積は10,000から15,000平方フィート(約281から約421坪)で、他の旗艦店級Apple Storeの約2倍にあたる広さを誇ります。この規模は、電気製品を販売する単体ブランドの店舗としてはインド国内で最大となります。

主要都市に4から5店舗を出店

Appleが関係者との間で、店舗の計画に関する機密保持契約を締結した、とも伝えられています。契約から、Appleは向こう5年から10年の間に、主要都市に4から5店舗の出店を計画していることが分かっています。
 

また、Appleの小売専門チームがインド入りし、不動産業者やショッピングモール業者に会い、インド市場の調査を開始しているとも伝えられています。

5月にインドでiPhone生産開始、政府の認可出るか

国内産業振興を重視するインド政府は、海外企業が直営店を開設するには製品の30%以上がインド国内で生産されていることを求める、いわゆる30%ルールを課しています。
 
Appleは、5月にベンガルールで、台湾Wistronに委託してiPhoneの組立てを開始し、6月にはインド製のiPhone SEの販売が開始されています。
 
6月下旬、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、訪米したインドのナランドラ・モディ首相と会談し、インドでのiPhone生産開始について報告したと伝えられています。
 
Appleは次の一手として、iPhoneの組み立てのみならず、サプライチェーンのパーツ工場もインドに誘致して関税を回避するとともに、インド国内の雇用創出をアピールし、政府による出店許可を後押ししたい考えとみられます。

 
 
Source:Patently Apple
(hato)