玉子サンド、海老カツサンド、ヒレカツサンド、フルーツサンドなど、いろいろなサンドイッチが2種類1セットのニコイチになっていて、その日の気分に合わせて好きな組み合わせを選べるというサンドイッチショップ「ニコウィッチ」が恵比寿にあるということを聞きつけたので、ニコイチになったサンドイッチを食べにいってきました。

ニコウィッチ(nicowich) - ホーム | Facebook

https://www.facebook.com/nicowich.EFH/

場所は東京メトロ日比谷線恵比寿駅の3番出口と5番出口の中間あたり。JR恵比寿駅からだと、西口を出て徒歩3分ほど。

「ニコウィッチ」が入っている「EBISU FOOD HALL」。



7月6日(木)にオープンしたお店で、まだ店頭には「NEW OPEN!」の文字も。



サンドイッチはお店で手作りしているところが見られます。



カウンター部分に2個1セットでパッケージになったサンドイッチが並んでいます。



オススメは海老カツサンド×玉子サンドとのことでしたが、この日はまだ並んでいなかったので別のサンドイッチをチョイスしました。



エビの形が見えている海老カツサンド。サンドイッチのパンは耳付きですが、耳もふわっと柔らかいので、「硬い耳は好きじゃない」という人でも大丈夫。エビはぷりぷりの食感が楽しめる状態で入っていて、とてもリッチな気分になります。タルタルソースの甘酸っぱい味わいが海老カツともパンとも合って、食べ応え十分です。

耳つきだが、耳までふわっと柔らか。プリっプリのエビがどーんと入っていてリッチ。タルタルソースの甘酸っぱい味わいはカツともパンとも合う。



セットになっていたのは「クロック」(クロックムッシュ)。パンの外側にチーズがトッピングされていて、食感はやや硬め。内側にはベーコンとチーズがサンドされています。



こちらはまた別の組み合わせ。



「ベジベジベジ」という、トマトソースをベースにパプリカ、ナス、キュウリ、アボカドの入った、なんだかラタトゥイユのような野菜サンド。



野菜サンドでこんなにもしっかりとボリュームのあるものを食べたのは久々。カツサンドとのセットはナイスバランス。



そして「ヒレカツサンド」。見た目通り分厚いヒレカツが使われていて、パンは柔らかめ。甘口のソースと、ピリッとくるマスタードで味付けはオーソドックスですが、朝のお腹にどっしりと入って、昼に向けてのエネルギーになってくれるという実感があります。



ちょうど食べ終わってから見てみると「海老カツ×玉子」が並んでいました。気にはなったのですが、残念ながらお腹いっぱいで入りそうになかったので諦めました。サンドイッチの価格は2個1セットでだいたい600円台〜800円ほどで、組み合わせによって異なります。サンドイッチといっても、どれも具だくさんでボリューム満点なので、セット1つで朝食には十分。とても満足できる一品でした。



カフェとして居心地もよいお店です。