スリランカ北東部の沖合で、沈まぬようもがくゾウを救助する同国海軍(2017年7月12日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スリランカ海軍は12日、沖に流され自力で戻れなくなったゾウを救出したと発表した。同軍の報道官はこの救出劇について「奇跡的な救出だった」と評した。

 この報道官によると、同国北東部の沿岸から約8キロ離れた沖合で、沈まぬようもがいているゾウが見つかり、海軍が12時間におよぶ救助を開始した。

 ゾウは野生生物保護当局の助言を受けたダイバーによってロープにつながれ、海岸近くの浅瀬まで慎重にけん引。11日遅く、無事に放たれたという。

 また報道官によると、ゾウはコキライ(Kokkilai)にあるジャングルに挟まれた広大なラグーンを渡る際、海に流されてしまったとみられている。
【翻訳編集】AFPBB News