【UU分析】躍進アタランタの秘密ガスペリーニの特異な3バック戦術

写真拡大

ガスペリーニのプレー原則+アタランタの若手=大躍進

ナポリ、インテル、ローマといった強豪を次々と撃破し、セリエAでクラブ史上最高位となる4位フィニッシュを果たした16-17シーズンのアタランタ。イタリア国内随一の育成型クラブとして知られる彼らを快進撃へと導いたのが、ジェノアで一時代を築いたジャン・ピエロ・ガスペリーニだった。3バックの信奉者で人材発掘の達人でもある58歳が、若手集団に植えつけたユニークな戦術とは――。掲載するコンテンツはどれも長文ばかり、良質かつ深堀りされた分析で注目を集めるイタリアの新興WEBメディア『ウルティモ・ウオモ』の分析レポート(11月17日公開)を特別掲載。
※本稿内のデータはすべて16-17セリエA第12節終了時点

文 ファビオ・バルチェローナ
翻訳 片野道郎

 
 9月21日水曜日、アタランタはホームのベルガモにパレルモを迎えてセリエA第5節を戦った。開幕からの4試合が1勝3敗だった彼らにとっては、復調のきっかけとして申し分ない機会となることが期待されていた。しかし試合は予想よりもずっと拮抗した内容となり、終了直前にイリヤ・ネストロフスキがパレルモに勝利をもたらす決勝ゴールを決める(0-1)。ブルーと黒のシャツを着たホームチームは、スタンドからブーイングの口笛を浴びながらピッチを後にした。試合後、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は深夜1時までスタジアムの中に残り、アタランタの経営陣が出て来たのはそのさらに45分後だった。

 “デア”(女神=アタランタの愛称)を率いる指揮官の運命はもはや尽きたかのように見えた。彼を救ったのはおそらく、試合がちょうどミッドウィーク開催だったというめぐり合わせだった。経営陣には次の試合までに後任を探すための時間がなかったのだ。ガスペリーニはカレンダーにも恵まれていた。第6節の相手は最下位のクロトーネ。しかも昇格組の彼らはスタジアム改修が開幕に間に合わず、ゲームは中立地のペスカーラで行われた。アタランタはこの一戦で前半に3得点を挙げて試合を決め(1-3)、それ以来止まることなく走り続けている。

 ガスペリーニのチームは、パレルモ戦後の7試合をナポリ(1-0)、インテル(2-1)からの勝利を含めて6勝1分というハイペースで駆け抜け、第12節終了時点で順位もラツィオと並ぶ4位タイまで急上昇した。次の相手は2位ローマ。ビッグマッチである(編注:2-1で勝利。翌節もボローニャを0-2で下して6連勝を達成した)。

ガスペリーニのアタランタについての基礎知識
La guida tecnica

 
 ガスペリーニはこれまでジェノバ以外の土地で成功を収めたことがない。最初の、かつ最もよく知られた経験は11-12シーズン、インテルでのそれだ。公式戦5試合で1分4敗という成績を残し、ノバーラ戦の敗北後に解任の憂き目に遭った。その翌季のパレルモでは、21試合目に他でもないアタランタに敗れ最下位に転落したことが、解任の引き金になった。

 ガスペリーニにとってベルガモが大きな挑戦だった理由もまたそこにある。ジェノバというコンフォートゾーンの外で、そしてエンリコ・プレツィオージ会長との愛憎相半ばする関係と毎年大幅にメンバーが入れ替わるチームを離れて、自らの真の価値を示す機会であることは明らかだった。

 委ねられたアタランタの顔ぶれは、昨シーズンと大きく変わってはいなかった。最も高価な新戦力はFWアルベルト・パロスキ。退団したマルコ・ボリエッロの穴を埋めるためスワンジーから600万ユーロで獲得された。この他、DFガブリエル・パレッタがレンタルを終えてミランに戻り、MFルカ・チガリーニはサンプドリアへ、昨シーズンの中盤を支えたマルテン・デ・ローンが1500万ユーロでミドルズブラに売却された。その一方では、セリエBへのレンタルからDFマッティア・カルダーラとMFフランク・ケシエ(ともにチェゼーナ)、FWアンドレア・ペターニャ(アスコリ)が復帰した。

 ガスペリーニは昨シーズンとの連続性を完全に断ち切り、自らのサッカー哲学にしたがってチームを再構築した。今シーズンのアタランタは、指揮官の深い確信を反映したセリエAで最もはっきりと識別できる特徴を持ったサッカーを見せている。3バックのシステム、とりわけ[3-4-3]を好んでいることをたびたび公言するガスペリーニだが、彼のサッカーを特徴づけているのはシステム以前にまずいくつかの明確なプレー原則である。

基準点は人
A uomo

 
 アタランタの守備の局面を特徴づけているのは、マンツーマン・ディフェンスに近いプレー原則だ。守備のシステムは毎試合、相手の布陣と選手の特徴に合わせて最適化される。原則としてガスペリーニは、可能な限り早くボールを奪回するアグレッシブな守備をチームに要求しており、それゆえすでに敵陣の非常に高い位置からマンツーマンの原則が適用されている。前線からのプレッシャーが外された場合に備えて、後方のゾーンでは常に数的優位が保たれており、それが前線での極めてアグレッシブな姿勢を支え全体的なバランスを取る役割を果たしている。

 後方のゾーンで数的優位を保つということは、どこか別のゾーンでは数的不利を受け入れることを意味している。試合ごと、対戦相手ごとに、どのゾーンで相手に数的優位を許すか(実際にはゾーンというよりも「誰をマークしないか」)を研究し決めるのは監督の重要な仕事だ。

ガスペリーニのプレーブック1:[4-3-3]への対応策
Playbook Gasperini : contro il 4-3-3

 
 よって必然的に、試合ごとに攻守のメカニズムは変わってくる。それをはっきりと示すのが、[4-3-3]で戦う異なる相手への対応だ。例えばナポリに対して、ガスペリーニは[3-4-1-2]システムを用意した。これは相手の布陣とのかみ合わせを考慮したものだ。机上では[3-4-1-2]だが、実際のピッチ上においては、守備の局面でそれとは異なる左右非対称の陣形を取っていた。

 敵の組み立ての初期段階におけるマンマークは、セントラルMF2人が敵のインサイドMFに、トップ下のヤスミン・クルティッチが敵のアンカー(ジョルジーニョ)につくというもの。ペターニャ、アレハンドロ・ゴメスの2トップは、それぞれ異なる振る舞いをしていた。ペターニャがマンツーマンでクリバリをマークしたのに対し、A.ゴメスは右CBマクシモビッチと右SBヒサイの間に入って、SBへのパスコースを塞ぐポジションを取った。後方では5人が最終ラインを構成する。ガスペリーニは、マクシモビッチをフリーにすると同時に孤立させ、ナポリのビルドアップが彼から始まるように仕向けた。クリバリはすべてのMFと同様にマンツーマンでマークされている。そしてナポリの3トップは3対5の数的不利に置かれている。マクシモビッチから近くのSB(ヒサイ)へのパスコースはA.ゴメスによって切られており、逆サイドのMFはフリーだがあまりに遠過ぎる。

 

マクシモビッチからのシンプルなパスコースはすべて切られている

 
 ナポリが中央から組み立てようとすれば、すべての受け手がタイトにマークされており、アンティチポ(背後からのパスカット)やプレッシャーの対象になる。もしSBに展開できたとしても、最終ラインに入っていたウイングバックが前に出てプレッシャーをかけられる。そうなっても、最終ラインは敵の3トップに対して4対3の数的優位を保つことができるというわけだ。このメカニズムは、インテルの[4-3-3]に対しても同じように適用された。

 同じ[4-3-3]でも、ラツィオに対して用意された守備のシステムは、多少異なるものだった。2トップはラツィオの2CBと、トップ下を含む中盤の3人は敵のMFとそれぞれマッチアップする。最終ラインはやはり5バック。この時フリーになっているのは左右のSBであり、必然的にラツィオのビルドアップはサイドへの展開によってスタートすることになる。この場合、パスを受けたSBに対しては、ウイングバックではなくボールサイドのMFが、マッチアップするMFへのマークを放してプレッシャーをかけに行く。残されたMFに対しては、最終ラインからボールサイドのDFが上がってマークにつくという仕組みだ。

 

アタランタのマンマークによって、ラツィオはSBへの展開からビルドアップを始めることを強いられる。パスを受けるJ.ルカクに対しては、クルティッチがミリンコビッチ・サビッチのマークを放してプレッシャーをかけに行き、同時に[3-5-2]の右CBライモンディがポジションを上げてクルティッチからマークを引き取っている

 
 さらに、トリノの[4-3-3]に対してはまた異なった対応が用意されていた。アタランタの[4-2-3-1]は敵の[4-3-3]ときっちりかみ合って、後方のゾーンでの数的優位を確保する。だがガスペリーニは、そこからビルドアップを始めるよう強いるため、あえて1人の敵をフリーにした。CFのマウリシオ・ピニージャが左CBをマークしに行くことで自由にボールを持つことができたボボは、しかしパスを出すべきすべての味方がマークされている状況を前に途方に暮れるしかなかった。

 

パスを受けたボボもまた、マークされていない味方を見出すことができない
 

 同じ1つの[4-3-3]というシステムに対して取られた異なる対応に共通しているのは、後方のゾーンで数的優位を保つこと、ビルドアップの起点となる相手をフリーにする、あるいは特定のゾーンを空けておくことによって、それ以外の展開の可能性をすべてブロックすることだ。最悪、1つのルートを空けるとしても、最もプレッシャーをかけやすいサイドへの展開に限られている。

ガスペリーニのプレーブック2:プレッシング
Playbook Gasperini : il pressing

 
 1人の敵をフリーにしておくという選択は、プレッシングのきっかけを作るという機能も持っている。最も一般的な「スイッチ」は、そのフリーな相手選手が難易度の高いパスレシーブを強いられた時、具体的には自軍のゴールを向いているか、プレッシャーを受けたボールホルダーからバックパスが出された時だ。

 フリーな敵へのプレッシングは、アタランタの守備システムのもう1つの原則に繋がっている。マンマークシステムの内部で敵がマークを逃れてフリーになった場合、あるいはフリーでボールを持った敵にマークを放してプレッシャーをかけに行く場合には、それによって生まれたアンバランスを穴埋めするため、マークを受け渡してポジションをずらす「スカラトゥーラ」を行うというのがそれだ。常にアグレッシブな守備を続けるというガスペリーニの考え方に基づき、スカラトゥーラは前方に向かってポジションを上げる形で行われる。

 戦力的に劣る相手に対しては、前線から数的均衡を保ってさらにアグレッシブなプレッシングをかけることも厭わない。後方での数的優位は逆サイドのウイングバックが最終ラインに入って中央に絞ることで確保される。

 

クロトーネの[3-4-3]に対して、アタランタは同じシステムでミラーゲームを挑み、3トップが3バックに1対1でプレッシャーをかけた。アタランタの右サイドで展開するプレーの中で、逆サイドのWBドラメが最終ラインに下がって内に絞ることで、ズカノビッチがボールに飛び出した味方のカバーリングに走れる状況を作ると同時に、敵3バックに対する数的優位を確保している

 
 このメカニズムは、異なる高さから守備のアクションをスタートさせることを可能にしている。アタランタは敵陣の高い位置から超攻撃的なプレッシングを仕掛けることもできるし、10人全員が自陣に引いて守備を固めることもできる。上で見たスカラトゥーラ、そして常に後方での数的優位を保つメカニズムによって背後がカバーされているため、選手たちは常にアンティチポを狙っていくという姿勢を強く持ってマンマークを行っているのだ。

 常にアンティチポを狙う姿勢は、アタランタがセリエAで最もインターセプトが多いというデータにも反映されている。1試合平均のインターセプト成功数は18.7回、3バックのアンドレア・マジエッロ、ラファエウ・トロイ、カルダーラはいずれもこの項目でセリエAのトップ10に名前を連ねている(第12節時点)。

ボールを持った時には
Con la palla

 
 アタランタの攻撃も、守備の局面と同様、他と識別しやすい特徴を持っている。ビルドアップは主にサイドのスペースを経由し、ボールホルダーに常時、縦と後ろのパスコースを提供する動的なトライアングルやロンボ(ひし形)を通して進められる。ベースとなる[3-4-3]システムが自然な形で形成するのは、サイドCB、ウイングバック、セントラルMF、ウイングという4人によるロンボだ。

 

アタランタの[3-4-3]と、右CBコンコ、WBコンティ、MFケシエ、WGダレッサンドロによって形成されるロンボ

 
 ガスペリーニは試合によって異なるシステムを採用するが、その場合にはシステムから自然にできる陣形を歪めてでも、サイドにロンボとトライアングルを常に形成することにこだわる。[3-4-1-2]と[3-5-2]において、右サイドでロンボを形成する時の頂点にはトップ下(クルティッチ)またはFW(ペターニャ)が入り、左サイドではA.ゴメスがコンスタントにこのポジションに入る。

 

ロンボはポジションの入れ替えによっても形成される。ここではインサイドMFのフロイラーが外に開き、ドラメがライン際でポジションを上げて、A.ゴメスは中盤に下がって来ている

 
 いったんロンボが形成されると、サイドでの組み立てはコンビネーションやポジションチェンジを通してポジション的な優位を作り出すことによって進行する。左サイドにおいては、サイドに開く動き、ハーフスペースに下がって来る動き、そしてドリブル突破で数的優位を作り出すA.ゴメスの貢献が極めて重要な位置を占める。

 攻撃の組み立ては、常に広めの間隔を取った3バックでのパス回しから始まる。その狙いは、サイドに形成されるロンボにボールを供給することにある。中央のスペースは、サイドでの組み立てが詰まった時、あるいは相手を一方のサイドに寄せることで逆サイドに生まれたスペースを使うために行うサイドチェンジの中継点としてのみ使われる。これだけ精巧に組み立てられたメカニズムの中では、中盤のレジスタという存在はほとんど意味を持たない。

 アタランタはセリエAで攻撃において中央のゾーンを使う割合が最も低い(23%)チームである。

 その攻撃をフィニッシュに結びつける最も自然な手段はクロスだ。ペナルティエリアには常にFW、逆サイドのウイングあるいはトップ下が詰めており、可能ならば逆サイドのウイングバックも走り込んで行く。セントラルMFは流れの中でポジションを上げて、エリアへの走り込みやセカンドボールを狙っている。1試合あたりのクロス数がアタランタよりも多いのはインテルとローマだけだが、どちらもより高いボール支配率とより多くのパス数を記録している。これはアタランタの攻撃においてクロスに至る組み立ての効率がより高いことを示すものだ。攻撃がクロスで終わらない時にも、最後の30mの攻略はサイドから行われる。

 

アタランタの典型的なパスマップ(第9節インテル戦)。中央のゾーンでのプレーは事実上ほとんどなく、両サイドのロンボが明確に見えている。興味深いのはクルティッチのポジション。守備の局面では中央でメデルをマークしていたが、攻撃の局面では左サイドをA.ゴメスに明け渡す形で右に流れて、陣形のバランスを取っている

 
 またセットプレーは、アタランタの攻撃の危険度を高める上で大きな役割を果たしている。セットプレーからの得点はリーグトップ(19得点中8得点)だ。

 パスを繋いで敵陣まで攻め上がるのが困難な時には、中盤を飛ばしてのロングパスからセカンドボールを狙っていくというアクションも選択肢に入ってくる。したがってCFは、ロングボールを収める能力も重要視される。

多機能性
Polifunzionalità

 
 ガスペリーニのサッカーは、選手に対して際立ったポリバレンス、そしてアグレッシブなスタイルに適したフィジカル能力とメンタル能力を要求する。相手に合わせて試合ごとに基本布陣とマークのメカニズムを変えるため、選手は複数のポジションに対応するだけでなく1つの試合の中でも異なるポジションをこなす必要がある。

 DFには、常にアンティチポを狙う能力(今日のDFが誰でも持っているわけではない)、さらに局面をスムーズに前に進める質の高いパス回しができるテクニックが求められる。本来SBの選手(ライモンディ、ズカノビッチ)を、サイドに開いてプレーする機会も多い3バックの左右で使うのもそのためだ。

 最終ラインの中央では、ガスペリーニが抜擢した多くの若手のうちの1人、アタランタが誇る育成部門生え抜きのマッティア・カルダーラがプレーしている。セリエBのトラーパニ、チェゼーナへの2年間のレンタルを経て、今夏アタランタに呼び戻されたカルダーラは、エレガントでクリーンなプレースタイルを持ち、セットプレーでも強力な戦力になる(すでに2得点)存在だ。

 実力を発揮しつつあるもう1人の若手が右ウイングバックのアンドレア・コンティ。カルダーラと同じ94年生まれの生え抜きで、やはりこのクラブの育成プログラムにのっとってペルージャ、ランチャーノで2年間のレンタル生活を過ごした。復帰2年目の今シーズン、90分を通してライン際をフルにカバーする優れた有酸素運動能力、右サイドのチェーンでスムーズなパス交換ができる安定したテクニック、質の高いクロスでチームに大きな貢献を果たしている。彼にはすでに複数のビッグクラブが食指を伸ばし始めている。

 中盤でブレイクしたのはフランク・ケシエ。傑出したフィジカル能力と高いテクニック、そして攻め上がりのセンスと際立ったパーソナリティは、この19歳のコートジボワール人MFに薔薇色の未来を約束している。ケシエのパートナーとして成長を続けているのが、24歳のスイス人レモ・フロイラーと、カルダーラ、コンティと同じ94年生まれで早くもA代表に抜擢されたアンドレア・ガリアルディーニ。2016年1月、誰にも注目されずにスイスのルツェルンから移籍してきたフロイラーは、ケシエ、ガリアルディーニと並んで指揮官が理想とするMF像を体現している。ガスペリーニは攻撃をオーガナイズするレジスタではなく、90分間アグレッシブなマンマークとインテンシティの高いプレッシングを続け、セカンドボールを狙い、攻撃の流れに乗って前線深くまで攻め上がってフィニッシュに絡み、時にはサイドに開いてプレーできるダイナミックなMFを必要としている。フロイラーは第12節までに1試合平均2.1本のキーパス(シュートに繋がったラストパス)を記録しているが、セリエAのMFでこれを上回るのはピャニッチ、パレデス、ジエリンスキ、ハムシクの4人だけだ。

 前線ではヤスミン・クルティッチが、ガスペリーニが対戦相手にチームを最適化するため様々なポジションと役割を与える“戦術的魔法の杖”として機能している。右インサイドMF、右ウイング、トップ下とクルティッチのポジションを動かすことで、アタランタは[3-5-2]、[3-4-3]、[3-4-1-2]とメンバーを入れ替えることなくシステムを変えることができるのだ。

 CFのポジションを争ってきたのは4人の「P」、すなわちアルベルト・パロスキ、アレクサンダル・ペシッチ、マウリシオ・ピニージャ、そして現時点ではレギュラーを勝ち取ったかに見えるアンドレア・ペターニャだ。ミランの育成部門で育った21歳だが、すでに4年前からイタリアサッカーの未来を担う逸材だと期待されてきた。大きな結果を残すことなくイタリア各地(サンプドリア、ラティーナ、ビチェンツァ)を渡り歩いた後、やっと昨シーズンにアスコリでコンスタントな出場機会を得て、それを見たアタランタがミランから保有権を買い取った。ベルガモでは厳しい競争にさらされているが、前線の基準点としてロングボールを収めチームの押し上げを助ける能力、サイドからのクロスをフィニッシュする能力を買われてCFの一番手に躍り出た。

 そして、アタランタの攻撃にクオリティとアクセントを付け加えているのが、アレハンドロ・“パプ”・ゴメスのプレーだ。この小柄なアルゼンチン人アタッカーは前線の左サイドを起点に、ロンボの頂上だけでなく左右のポジションにも流動的に動きながら攻撃を活性化。サイドで数的優位を作り出したり、好位置でのFKを手に入れるドリブル突破は、アタランタの攻撃にとって欠くことのできない武器となっている。また彼の強力なミドルシュートも、サイドを突破せずにゴールを狙う貴重な選択肢だ。

ガスペリーニの見通し
Prospettiva Gasperini

 
 開幕5試合でアタランタは4敗を喫している。しかしデータを分析してみると、ピッチ上でのパフォーマンスはそれほど悪いものではなかったことがわかる。ゴール期待値ベースの得失点差期待値で、第5節時点でのアタランタは実際の順位とは大きく異なる20チーム中8位だったのだ。

 第12節時点での得失点差期待値は6位と、実際の順位(4位タイ)とほぼ変わらないポジションだ。結果レベルでの躍進ぶりは凄まじいが、データに基づけば序盤戦も内容的には悪くなかった。変化があったとすれば、1試合平均の得失点差期待値が第5節までは「0.12xG」、その後の7試合は「0.6xG」と大幅に向上したところ。解任の危機に追い込まれたガスペリーニは、若手をより積極的に抜擢して使い始めた。ペターニャ、カルダーラ、フロイラー、コンティ、ガリアルディーニは第6節以降、急速に出場機会を増やしている。おそらく彼は、若手の方が自身の厳格なプレー原則に適応する能力が高いと判断したのだろう。ガスペリーニのサッカーは、高い戦術適応能力、エネルギー、そしてチームのスタイルへの適性を選手に要求する。そのいずれもが、選手としてのアイデンティティと評価を確立しようとしている若いプレーヤーにより求めやすいものだ。

 ゴール期待値ベースのデータと実際の順位が一致している現状から見れば、アタランタのパフォーマンスは今後も順位表のこのゾーンを保てるレベルにあると判断できる。現在の累計失点期待値は「-9.7xG」でユベントス、キエーボに次いで3位。一方、累計得点期待値は「14.5xG」で7位となっている。

 この先のピッチ上でのリスクは、監督が要求するサッカーを支えるフィジカル的なパフォーマンス(運動量、インテンシティ)と集中力を維持できるかどうかだろう。ガスペリーニのシステムは、守備の局面においてマンマークとその受け渡しによるスカラトゥーラがアグレッシブネスを失ってタイミングが追いつかなくなり、メカニズムに穴ができると機能不全に陥る可能性を秘めている。テクニックや創造性よりも運動量とスピードに依存する攻撃も、ダイナミズムが低下すると予見不可能性が下がって意外性に欠けるものになる。

 次々と頭角を現した若手、そしてA.ゴメスのパフォーマンスは、国内外の少なくないビッグクラブの注意を引き始めており、1月のメルカートに向けて移籍の噂がひっきりなしに飛び交っている。もしそれが現実になれば、シーズン途中でチームの戦力が低下する事態も避けられない。今シーズンが終わるまでこの戦力を維持し、できる限り上を目指すことができないとしたら、それはアタランタにとって残念なことだ。極めて高いオリジナリティを持つ自らのサッカー哲学と戦術を常に貫いてきた監督、育成部門に投資を続けて多くの生え抜きをトップチームにデビューさせてきたクラブにとって、今シーズンはその可能性をとことん追求できる絶好の機会なのだから。

L'Ultimo Uomo
ダニエーレ・マヌシアとティモシー・スモールの2人が共同で創設したイタリア発のまったく新しいWEB マガジン。長文の分析・考察が中心で、テクニカルで専門的な世界と文学的にスポーツを語る世界を一つに統合することを目指す。従来のジャーナリズムにはなかった専門性の高い記事で新たなファン層を開拓し、イタリア国内で高い評価を得ている。媒体名のウルティモ・ウオモは「最後の1人=オフサイドラインの基準となるDF」を意味する。

Photo: Getty Images