映画『鋼の錬金術師』ファンイベントにて

写真拡大

 映画『鋼の錬金術師』ファンイベントが12日、新宿ピカデリーにて2部構成で開催され、第1部にアニメ版エドワード・エルリック役の声優・朴路美、アルフォンス・エルリック役の声優・釘宮理恵が登壇。熱狂的ファンの前で二人は好きなシーンやセリフなど作品の思い出を語ると、第2部に登場した映画出演者である本田翼、本郷奏多、佐藤隆太、曽利文彦監督とともにフォトセッションにも参加。除幕とともに登場した等身大のアルフォンスに、釘宮が声を当てるなどしてファンを喜ばせた。

 映画『鋼の錬金術師』は、世界累計7,000万部を超える人気コミックを曽利文彦監督で実写映画化した作品。幼い日に最愛の母を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長を描いた物語。実写版ではエドを山田涼介、ウィンリィ役を本田翼、エンヴィー役を本郷奏多、ヒューズ役を佐藤隆太が務めている。

 連載終了から7年が経過しているが、実写化されるなど、いまなお盛り上がりをみせる本作について朴が「めちゃくちゃうれしい」と笑顔を見せると、釘宮も「埋もれてほしくない作品。時を経ても新たなものが生まれてくるのってやっぱりすごい」とあらためて作品の持つ力に脱帽していた。

 さらに作品の魅力について聞かれた朴は「一言では言い尽くせないですが“生きることとは”や“命とは”など考えさせられることが多い、わたしにとっては聖書のようなもの」と語ると、釘宮も「『鋼の錬金術師』に携わったことで、大きく人生が変わりました。『立って歩け 前へ進め』という言葉など、わたしの人生に大きな影響を与えてくれる作品です」と心酔しきっている様子だ。

 また好きなセリフを聞かれると釘宮が「にいさん」、朴が「アルフォンス」と、本当の兄弟のように息のあった回答。共に「何百回も言ったセリフ」と感慨深そうに語ると、9月16日から東京ドームシティで開催される「鋼の錬金術展」の音声ガイドに使用される公開アテレコを披露。久しぶりにコラボするエド&アルの掛け合いに、客席は酔いしれた。

 第2部では、本田、本郷、佐藤、曽根監督が登壇し、実写化の喜びやプレッシャーなどについてトークを展開。7月3日にアメリカ・ロサンゼルスで開催された「Anime Expo 2017」には、曽根監督と主演の山田が、7月7日にフランス・パリで行われた「Japan Expo 2017」には曽根監督、山田、本田が赴き『ハガレン』をアピールしたが、現地メディアで高評価が報じられたことに、曽根監督は「『ハガレン』愛がバシバシ伝わるようなリアクションをいただきました」と感想を述べ、本田も「本当に世界中で愛されている作品なんだと実感しました」と笑顔を見せていた。(磯部正和)

映画『鋼の錬金術師』は12月1日より全国公開