筑波大学がまたやった!天皇杯で福岡を撃破し16強へ

写真拡大

12日、2017年度の天皇杯3回戦が各地で行われた。

先月の2回戦は下位リーグのクラブが上位リーグのクラブを撃破する“ジャイアントキリング”が続出し、大きな話題となった。しかし3回戦では、J1清水エスパルスが7部相当のいわきFCを、同じくJ1横浜F・マリノスがJ3アスルクラロ沼津を退けるなど、J1クラブが格の違いを見せつける結果となった。

しかし、大学チームで唯一勝ち残っている筑波大学がまたまた大金星をあげた!

なんと、J2で現在2位のアビスパ福岡を2-1で撃破したのだ。

筑波大学は、69分に中野誠也が先制ゴールを記録すると、79分にも中野が追加点。試合終了間際に1点を返されたものの、そのまま逃げ切りに成功した。

筑波は2回戦のJ1ベガルタ仙台戦に続く“ジャイアントキリング”で、9月20日に行われる予定のベスト16(4回戦)進出を決めている。また、下位リーグの下剋上は、J3の長野パルセイロがJ2のファジアーノ岡山を、J2の松本山雅がJ1サガン鳥栖をそれぞれ破った。

なお、ヴァンラーレ八戸対名古屋グランパスは、雷雨により中断後、危険と判断されたため試合中止となっている。