mits / PIXTA

いじめや不登校など、何かと子どもが生きづらさを抱えやすい時代。

子どもを守るには、毎日絶え間なく愛情を注ぐことと、さりげないサポートが必要です。

名前をモチーフにした作品「なまえのチカラ」を数多く手掛け、同名で扶桑社から書籍も出されている女流書道家の土師彩鶴さんはこう言います。

「なまえは愛でできている」

「(なまえには)運命を幸せへと導くメッセージが込められている」

土師さんの、名前を詩に織り込んで作る書「なまえのチカラ」は、どんなときも子どもの心に寄り沿い、生きる勇気を与えてくれます。

子ども部屋のインテリアに「なまえのチカラ」をぜひ取り入れてみましょう!

■子どもは「自分の名前」に興味津々!

プラナ / PIXTA

子どもに「ぼくの名前はどんな意味なの?」「なんでこの名前にしようと思ったの?」と尋ねられたことはありませんか?

幼稚園や保育園、学校などで、「自分の名前について調べてみよう」「お父さん・お母さんに名前の由来を聞いてみよう」と授業で行うこともありますよね。

akiyoko / PIXTA

子どもが物心つき始めた頃、一度は気になるのが、自分の名前の由来です。

自分が誕生した時にどうしてこの名前にしたのかを詳しく説明してあげると、どんな子どもでも、きっと満面の笑みになるはずです。

名前にはお父さん・お母さんの愛情がいっぱいつまっていて、きっと子ども心にそれを敏感に感じ取っているのでしょうね。

■子どもが本当に辛いとき、寄り添ってくれる「なまえのチカラ」

マハロ / PIXTA

人生には、いいときもあれば、上手くいかないときもあります。

それは子どもだって同じこと。

「学校で先生に叱られた」「友だちに強い言葉で責められた」「何となく居心地の悪さを感じる」

など、たとえちょっとしたことでも、イヤなことがあると心が重くなるものです。

気分が落ち込んでいるときは、自信や目標を見失い、気持ちが不安定になって苦しいですよね。

そんなネガティブになってしまっているときこそ、「なまえのチカラ」が効果を発揮します。

土師さんは、子どもたちに行ったワークショップで、心を閉ざし、すさんだ雰囲気を漂わせた子どもたちにたくさん出会ったそうです。

しかし、子どもが書いた「なまえのチカラ」は意外なものでした。

『なまえのチカラ』(扶桑社刊)より

ぶしいそらがひかる
…たまにきべそだけど
…あるいよ
いつもおこってくれて
そだててくれて
ありがとう

「なまえのチカラ」で表されたのは、母親に対する明るい愛情でした。

その場にいたすべての子どもが「なまえのチカラ」を自作しましたが、ネガティブなことを書く子どもは誰一人いなかったそうです。

辛く苦しい思いを抱えていても、なまえは子どもに生きる力を与えてくれます。

「なまえのチカラ」を作ることで、子ども自身が自分の良さに気づき、一歩前へ踏み出す勇気を得ることができるのです。

■「なまえのチカラ」を書いて子ども部屋に飾ると、一日を明るくスタートできる!

soaler / PIXTA

子どもが自分の名前に興味を持ったときや、名前の由来を尋ねてきたときに、親子で一緒に「なまえのチカラ」を作ってみませんか

両親の名前に込めた思い、そして子ども自身の願いを言葉にして、「なまえのチカラ」の詩に織り込んでみましょう。

親子で一緒に作った「なまえのチカラ」を子ども部屋のインテリアにすると、いつでもさりげなく子どもの心をサポートすることができます。

子ども部屋の壁などに飾っておけば、朝目覚めたときに目に入り、一日を明るく楽しい気分でスタートすることができそうですね。

Ushico / PIXTA

いかがでしたか?

普段はもちろんのこと、何か辛いことがあったときも「なまえのチカラ」が子ども部屋にあると安心できるものです。

子どもが自室に閉じこもり、声をかけずらい雰囲気のときでも、「なまえのチカラ」が両親の愛情を伝えるメッセージとなって、子どもを励ますことができますよ!

【参考】

 『なまえのチカラ』(扶桑社刊)