川崎、C大阪、磐田、清水が2017夏季限定ユニフォームを発表!ダークなデザイン

写真拡大 (全10枚)

Pumaは12日、Jリーグの4クラブが使用する2017シーズンの夏季限定ユニフォームを発表した。

今回彼らは、初の試みとなるキャンペーン「STEP OUT」を実施。国内外でPumaが契約しているクラブのうち23チームが、アウェイまたはサードとして同じデザインテーマのユニフォームを使用する。

『コンクリートに囲まれた影の世界から抜け出し、ピッチ上でゲームを照らせ』が今回の「STEP OUT」のコンセプト。ダークカラーを基調に、最新のテクノロジー、プレミアムな素材、そして、ホーム・アウェイに関わらずどこでもホームのプライドを感じることができるユニークなディテールを特徴的としている。

ここではJリーグ勢の川崎フロンターレ、セレッソ大阪、ジュビロ磐田、清水エスパルスのユニフォームを紹介したい。

Kawasaki Frontale 2017 Puma 'Step Out'

川崎フロンターレは、クラブカラーの一つである黒を全面押し出したデザイン。さらに、スポンサー企業の協力を経て、ロゴカラーをすべて白で統一している。

Cerezo Osaka 2017 Puma 'Step Out'

セレッソ大阪は、紺を基調にしたデザインを採用。ピンク一色のエンブレムはかなり強烈だ。

Júbilo Iwata 2017 Puma 'Step Out'

ジュビロ磐田は濃淡のグレーを組み合わせたデザイン。エンブレムもクラブを象徴するサンコウチョウの鳴き声にちなんだ月、日、星がより際立つカラーリングだ。

Shimizu S-Pulese 2017 Puma 'Step Out'

清水エスパルスは黒を基調に、クラブ伝統の“地球儀”が印象的なデザイン。人気の高かった2016年の夏季限定ユニフォームを思わせる色合いだ。

Jリーグ勢は8月に開催されるJ1のホームゲームでこの限定ユニフォームを着用する予定となっている。