「サッポロクラシック富良野シトラス」(650円)。希少な富良野産ホップを一部使用し、ほんのりと柑橘系の香りがします。全国でも唯一この会場でしか飲めない限定ビール。

写真拡大

北海道×ビールとくれば、ここ札幌をルーツとする「サッポロビール」なくしては語れませんよね! そんな期待に応えるべく、年に一度、福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン 8丁目会場だけに登場する限定ビールや、道内各地の名産品を使用したビールに合うメニューなど、気合が入りまくっています。また、隣接する9丁目には、イサム・ノグチ作の彫刻すべり台「ブラック・スライド・マントラ」があったりと、ロケーションも抜群! 地下鉄駅からは少し歩きますが、その価値はありますよ。

「サッポロクラシック富良野シトラス」の専用ブースの様子です。行列からも大人気なのが伝わってきますね(※ブースデザインは2016年のもの)。

「サッポロクラシック富良野シトラス」(650円)全国広しといえど、唯一この会場でしか飲めない限定ビール。希少な富良野産ホップを一部使用し、ほんのりと柑橘系の香りがするのが特徴。

ひと目でわかる専用ブースがあることからも、人気ぶりがうかがえます(※ブースデザインは2016年のもの)。もちろん、本家の「北海道限定 サッポロクラシック」(小ジョッキ550円)も、樽生で味わえちゃいますよ。北海道の気候や食材に合わせてつくったビールを、北海道の空の下で飲める幸せ……。

「ふるさと道産オードブル」(2600円)北海道各地の名産品を使用し、新ひだか町の豚肉で作った大きなソーセージをスライスした、「幸王ボロニア」や、オホーツクは網走市のイカを使った「イカちぎり揚げ」をはじめ、道内の海・山の幸7品をセットに。

「増毛産 甘海老の唐揚げ」(550円)日本海側に面した名産地・増毛産甘エビを、ビールとの相性ピッタリの唐揚げにしちゃいました。

デザートにはちょっと変わり種「リボンナポリンアイス」(250円)はいかが? なんと100年以上(!)前から北海道で愛されている、ご当地炭酸飲料「リボンナポリン」味のアイスクリームです。

会場では、道内70超の自治体、団体による「ふるさとPRステージ」が繰り広げられるほか、スタッフによる乾杯ダンスなど、ビールがより楽しめる演出もあります。

美しい夕景に浸ることができるのも、東西に開けた大通公園ならでは。今年から、会場の目印になる中央の大型サインの下に、サッポロビールのシンボルである星が輝きます。

【メニュー表】●サッポロ生ビール黒ラベル タワーピッチャー(4200ml) 5000円 ●ヱビスマイスター 650円 ●ナポリンサワー 450円 ●サイコロステーキ(レギュラー100g) 780円 (ビッグ200g1450円、メガ400g2700円) ●ムール貝のワイン蒸し 1500円 ●ロングガーリックトースト 450円

【会場データ】■住所:札幌市中央区大通西8 ■電話:011・233・3305(7/20〜8/15) ■時間:12:00〜21:00(LO20:45) ■休み:なし

【北海道ウォーカー編集部】