「大繁殖してからカビを退治するのは大変。放置しておくと健康被害が起きる危険もあります。カビは汚れを栄養源にするので、活動が活発になる前にしっかり掃除し、取り除くことがおすすめです」そうアドバイスするのは、ハウスクリーニングのプロである尾崎真さん。梅雨であるこの時期は、しっかりと掃除をしておくことが大切と説きます。

「カビは掃除がしにくく、湿気がたまるエアコンや洗濯機、浴室がもっとも厄介。定期的なリセット掃除と日々の予防法を組み合わせれば、ラクにきれいな環境をキープできますよ」

今回は尾崎さんが、エッセの読者に正しい浴室の掃除の仕方を教えてくれました。


浴室は、湿気と温度でカビの巣窟になることも。放置すると掃除も大変!

湯気や水気にさらされる浴室は、油断するとカビが大繁殖。「入浴後は汚れを洗い流し、週に一度は洗剤を使って掃除を」。皮脂や石けんカス、水アカ、黒カビなど、汚れによって洗剤を使い分けるのがコツで、「天井→壁→床・排水口と上から下へと掃除すると効率アップします」。

●用意するもの

フロアワイパー、ぞうきん、浴室用中性洗剤、スポンジ、重曹(粉末)、ブラシ、クエン酸、スプレー容器、酸素系漂白剤(粉末)、塩素系カビ取り剤、古歯ブラシ、ラップ●まずはCheck!


腰から下をよく見てください壁や床は石けんカスや皮脂で汚れがち。「腰から下をよく見てください。体を洗うときに飛び散るので、腰から下の高さがとくに汚れやすく、カビの発生スポットになるんです」。


天井は要注意です!「天井は湯気で湿度が高く、放っておくと、カビの胞子を浴室じゅうにまき散らします」。浴室の天井は小まめにチェック!【天井】の掃除の仕方!浴室掃除でまず手をつけるのはここ!


フロアワイパーでふくフロアワイパーに水でかたく絞ったぞうきんをセットし、天井の掃除を。天井のすみにワイパーの角を当て、一方向に動かしていくのがコツです。


がんこなカビには浴室用洗剤をつけて黒カビが目立つときは、ぞうきんに浴室用洗剤をつけてふいてみましょう。水でかたく絞ったぞうきんに替え、残った洗剤をふき取って仕上げます。【壁】の掃除の仕方!腰から下の高さの汚れに要注意

(1)温水シャワーをかける


プロ技の掃除&予防法で発生スポットを根絶やしに浴室の壁を効果的にきれいにするには手順が大切。「温かいシャワーで、水アカや石けんカスをゆるませると、汚れが落ちやすくなります」。(2)スポンジでこする


下から上にスポンジに浴室用洗剤をつけ、壁をこすります。「スポンジは下から上と動かせば洗剤が垂れず、二度ぶきの手間がありません」。【床】の掃除の仕方!皮膚や水あかなどのカビ原因をしっかり落として!

(1)重曹をまく


体を洗い流す床は、皮脂や水アカなどがカビの原因に。まず温水シャワーで濡らしてから重曹をまいて、皮脂を浮かせます。(2)ブラシでこする


ブラシの先で凹凸に入り込んだ汚れをかき出すようにこすり洗い。「重曹の研磨効果でラクに落とせます。ブラシは浴室用の大きい方がラクです」。(3)シャワーをかけ、水分をふき取る


汚れが落ちたら、シャワーで床を洗い流して。


「続いて水アカを掃除する前に、乾いたぞうきんで水気をよくふき取っておきましょう」。(4)クエン酸スプレーをかける


クエン酸水(水100ccにクエン酸小さじ1/2)をスプレー容器に入れ、床全体にまいて。「スプレーして20分放置。水アカをゆるませます」。(5)ブラシでこする


目地に沿ってブラシを動かし、水アカをこすり取ります。汚れが落ちたら温水→冷水の順でシャワーをかけ、ぞうきんで水気を取って。【排水口】の掃除の仕方!換気をしながら安全対策も

(1)漂白剤を入れ発泡させる


フタやバスケット、トラップなど外せるものはすべて外し、酸素系漂白剤をふり入れ、温水を少量入れて発泡させます。「10分おき、汚れが浮き上がったら水で流します」。(2)カビ取り剤をかける


カビがひどい場合、塩素系のカビ取り剤を使います。「クエン酸など酸性の洗剤と混ぜると危険です! 漂白剤を十分に洗い流してから使って。換気も必須」。フタの裏側にも、カビ取り剤を忘れずに。(3)ブラシでこする


フタなどにこびりついた汚れを、幅の狭いブラシでこすり落とし、シャワーで流します。「排水口のフチについたカビもブラシでこすりましょう」。


ピカピカに!黒ずみやヌメリが取れて、見違えるほどクリーンに。フタをまめにケアしていたとしても、排水口の内側も結構汚れているもの。掃除は必要です!【浴室小物】の掃除の仕方!意外に見落としがちなこちらも忘れずに

(1)浴槽に漂白剤を入れる


蛇腹の溝やフチがカビやすく、洗いにくい浴槽のフタ。つけおきならラクにきれいになります。「同様に洗いにくい脚や底が汚れるイスや洗面器も、浴槽でつけおきに」。かぶるくらいの温水と酸素系漂白剤大さじ2を入れ、10分放置します。(2)古歯ブラシでこする


ゆるんだカビを古歯ブラシでこすり落とし、洗い流せば完了。


細かいものは、オケに入れても「シャンプーボトルなど細かなものはオケで同様につけおきに」。浴室のがんこなカビを取るにはどうする?

壁の継ぎ目やドアのパッキンなど、浴室のカビは放置すると石けんカスが付着し、さらにカビ、石けんカス…とミルフィーユ状に。「がんこなカビは、上に付着した汚れをあらかじめ取り除いてから、湿布法で除去しましょう」


(1)ブラシに浴室用洗剤をつけ、石けんカスなどの汚れをこすり落とし、水でかたく絞ったぞうきんでふき取る。


(2)カビ取り剤をスプレーし、ラップをして10分放置。水で洗い流し、乾いたぞうきんで水気をふき取って。【予防法】湿気をためないことがまず大切。毎日の習慣でカビを予防!

入浴後の浴室は室温が高く、石けんカスや水気があちこちに飛び散り、まさにカビが大好きな環境。「入浴のたびに汚れを洗い流し、水気をよくふき取る習慣に。日々の予防を徹底すれば、掃除の時間がぐんと短縮。窓をあける、換気扇を回すなど、室温を下げることも忘れずに」。入浴後の3つの予防習慣

(1)温→冷シャワーをかける


壁や床、小物にシャワーをかけ、汚れを流す。「温水で汚れを落としてから冷水にし、浴室の温度を下げて」。(2)水分をふき取る


壁や床などの水分は、乾いたぞうきんを使ってふき取って。「壁はスクイージーを使うとスピーディーです」。(3)換気する


湯気にさらされる天井付近は、湿気が残りがち。窓をあけるか、換気扇を回す習慣を!

*塩素系漂白剤やカビ取り剤などの塩素系の洗剤は、クエン酸などの酸性のものと混ぜると有毒ガスが発生するので、絶対に同時に使用しないでください。塩素系の洗剤を使用する場合にはゴム手袋をして、必ず換気を行って

●教えてくれた人
【尾崎真さん】
全国に1300店舗以上を展開する『おそうじ本舗』の企画担当。ハウスクリーニングの最新技術の研究・開発を行うほか、お掃除アドバイザーとして、雑誌やテレビでプロの技を伝授する。