「セシルのもくろみ」

写真拡大

 フジテレビが、ファッション雑誌の業界を舞台にした新ドラマ「セシルのもくろみ」(毎週木曜よる10時〜)を7月13日から放送する。読者モデルにスカウトされたことをきっかけにファッション誌の世界に足を踏み入れることになる一般主婦の宮地奈央を女優の真木よう子が演じる。専業主婦、独身、共働き、シングルマザーなどさまざまな立場の女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していく物語を描く。
 「セシルのもくろみ」は、ファッション誌「STORY」で連載されていた唯川恵の同名小説をドラマ化。第一話では、金型仕上げのエンジニアとして働く夫と中学生の息子と共に北春日部に暮らす一般主婦の宮地奈央(真木よう子)が、人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスク 黒沢洵子(板谷由夏)から読者モデルとしてスカウトされる。自分を美しく見せること自体に抵抗を感じ撮影でも上手く笑うことができない奈央だが、ファッションライターの沖田江里(伊藤歩)やカメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、カリスマヘアメークの安原トモ(徳井義実)の力を借りて撮影に挑む模様を描く。本作ではこのほか、吉瀬美智子が「ヴァニティ」のカバーモデルとして絶大な人気を誇る「ハマユカ」こと浜口由華子役で出演するほか、「ヴァニティ」の元No.2モデルで引退後は情報番組でファッションアドバイザーとして活躍する安永舞子を長谷川京子、編集長をリリー・フランキーがそれぞれ演じる。衣装は「ファースト・クラス」や「セカンドバージン」を手掛けたスタイリストの西ゆり子が担当する。