公式サイトより

写真拡大

 パリのセレクトショップ「コレット(colette)」が、12月20日をもって営業を終了することを発表した。人気ブランドとの限定コラボレーションを多く展開するなど、1997年のオープン以来20年にわたりパリのファッションシーンを牽引してきた。
 創設者のColette Roussauxの引退に伴い、「彼女無しのコレットはありえない」ことから閉店を決定。高級ブランドのブティックが立ち並ぶパリ・サントノレ通り沿いに構えるショップの土地については、現在「サンローラン(SAINT LAURENT)」が興味を示しているといい「(サンローランのような)歴史あるブランドが私たちの住所を引き継ぐのであれば非常に誇らしく感じる」とコメントを発表している。12月の営業最終日までは通常どおり営業するという。