蔡英文総統

写真拡大 (全2枚)

(台北 12日 中央社)与党・民進党の党主席(党首)を兼務する蔡英文総統は12日、同党の中央常務委員会に出席し、北京当局に対して、末期の肝臓がんと診断されている中国大陸の民主活動家、劉暁波氏と家族の自由を回復させ、治療の方法や場所なども劉氏の意思を尊重するべきだと呼び掛けた。同党の広報担当者が伝えた。

蔡総統は、劉氏の健康状態には世界中から高い関心が寄せられていると強調。台湾は可能な範囲での支援を提供したいが、劉氏が適切な治療を受けられるようにすることが最優先だとの考えを示した。

(葉素萍/編集:塚越西穂)