公開から約2年で『江南スタイル』を抜く!!!

アメリカのラッパー、ウィズ・カリファの楽曲『シー・ユー・アゲイン feat. チャーリー・プース』が、YouTubeにて29億回の視聴回数を突破。YouTubeで最も再生されたビデオの1位となり、「超興奮してる」とコメントしている。

ウィズ・カリファ

<耳マンのそのほかの記事>

同曲は、2015年に公開された映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』のサウンドトラックに収録された楽曲。これまでのYouTubeでの最高再生記録は、2012年に公開されて社会現象にもなった『江南スタイル』が保持していたが、ニューヨーク時間の17時30分に『シー・ユー・アゲイン feat. チャーリー・プース』が『江南スタイル』を追い抜いた。公開から約2年での1位獲得となった。

「超興奮してる」「信じられない気分だよ」

驚異的な累計視聴回数だが、2017年になった今でも毎日300万回以上の再生回数をマークしているという。これを受けてウィズ・カリファ、そしてチャーリー・プースは「超興奮してるし、YouTubeでこの曲とビデオをサポートしてくれたみんなに感謝したい。たくさんの人生に影響とインパクトを与えられて嬉しいよ」(ウィズ・カリファ)、「YouTubeに動画をアップした2007年ごろ、10,000回再生されたらいいなぁと思っていたことを覚えているんだ。10年経って、YouTubeで最も見られたビデオに参加してるなんて、信じられない気分だよ」(チャーリー・プース)とコメントしている。

チャーリー・プース

『ワイルド・スピード』シリーズの最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)からの楽曲もヒットを飛ばしており、ピットブルとJ・バルヴィンがカミラ・カベロを迎えた『ヘイ・マ』の再生回数は1億7,000万回を超え、ウィズ・カリファも参加している『ギャング・アップ』は3億2,000万回、ケラーニとGイージーが歌う『グッド・ライフ』は9億2,000万回を超えている。

世界的で爆発的な人気を誇る『ワイルド・スピード』シリーズ。どの曲もまだまだ再生数を伸ばしそうだ。

[耳マン編集部]