医師団と妻の劉霞さんに囲まれた、中国の民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏(中央、撮影場所、撮影日不明、2017年7月11日入手)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)服役中に末期がんの診断を受けて仮釈放された中国の民主活動家でノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)受賞者の劉暁波(Liu Xiaobo)氏(61)について、治療に当たっている病院は12日、同氏が呼吸不全に陥ったものの、同氏の家族が人工呼吸器の取り付けを拒否したと明らかにした。

 中国の瀋陽(Liaoning)にある中国医科大学附属第一医院(First Hospital of China Medical University)はウェブサイト上に声明を発表し、劉氏が「生命維持のために人工呼吸器を必要としている」ものの、家族が「気管への挿管を拒否した」と明らかにした。

 声明で同医院は、「気管への挿管の必要性を家族に説明したものの、家族らは拒否した」と強調している。
【翻訳編集】AFPBB News