これまでにも何度か公開されている、iPhone8のものとされるスクリーンプロテクターですが、新たにニュースサイトPhoneArenaが独自に入手したものをもとに、iPhone8のサイズ感などを逆算しています。

ディスプレイサイズは5.7インチ?

スクリーンプロテクターをもとにした、PhoneArenaの計測によると、iPhone8のディスプレイサイズは横が2.5インチ(約6.35センチ)、縦が5.4インチ(約13.6センチ)、対角線がおよそ5.7インチ(約14.55センチ)であり、アスペクト比は2.15:1とのことです。
 

 
この対角線の長さこそが、スマートフォンのサイズを表す数字です。5.7インチという値は、以前にiPhoneのリーク情報で知られる@Benjamin Geskinが公開した設計図とも一致します。
 
これに基づけば、iPhone8は4.7インチのiPhone7よりも少し大きく、Galaxy S8やLG G6よりもわずかに小さいといった計算になります。また、端末同士を並べてみると、ディスプレイ領域はiPhone8よりも小さいにもかかわらず、iPhone7 Plusの筐体の大きさが際立ちます。
 

 
もちろん、今回のスクリーンプロテクターが本物とは限らず、実際に以前には5.8インチではないかという観測も上がっています。ただ、iPhone7とサイズがほぼ同じとなる可能性はかなり高そうです。
 
Source:PhoneArena
(kihachi)